韓国旅行「コネスト」 韓国の住まい選び | 在韓日本人お役立ち情報 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > 韓国生活 > 在韓日本人お役立ち情報 > 韓国の住まい選び

韓国の住まい選び

お気に入りに追加 (登録者 : 49人) 印刷する
日本でも「一戸建て」や「マンション」などの住居タイプがあるように、韓国においても一般的な住宅のタイプが存在します。韓国の人々は一体どのような住居に住んでいるのか、また、留学や駐在で韓国に住むことになった人たちはどんな住居に住めばよいのか、韓国の住宅事情を見てみましょう。

まず知っておきたいのがチョンセ(伝貰/専貰)とウォルセ(月貰)という制度。月々の家賃がいらないかわり、契約時にまとまった保証金を払う制度がチョンセ、月々の家賃を払うのがウォルセです。チョンセ相場は地価や住宅価の高騰に従い上昇傾向にあり、現在ソウル市の平均は1坪(3.3平方メートル)あたり847万ウォンと言われています(2012年9月現在)。また、ウォルセの場合も月々の家賃とは別に入居時に保証金の支払いを求められることがほとんどです。保証金は契約が終了し、退去する際に返却されます。
韓国の住まいの種類
1.アパート
韓国で人気の住居形態がアパートです。日本のマンションと同じスタイルですが、韓国ではマンションという言葉は使われず、アパートと呼ばれます。数十階を超える高層タイプが人気で、入居形態は賃貸か分譲です。間取りは2LDKから4LDKが中心なので、どちらかというとファミリー向けです。

家賃の相場
エリアや築年数、坪数などによって様々。
在韓日本人(駐在員)が多く住むソウル市龍山区二村洞の例。(3LDK)
チョンセ:約3億ウォン
ウォルセ:保証金 2,000万ウォン/月々の家賃 約150万ウォン
契約期間
1年または2年
長所
警備員が常駐していたり、敷地内に公園や散策路があるなど施設、サービス面で充実した物件が多い。
短所
世帯数に比べ駐車場の数が不足していることが多い。高層の場合、エレベーターの待ち時間が長くなる場合がある。
様々なアパートの種類
韓国の住宅法では5階以上の共同住宅をアパートと呼び、一口にアパートと言ってもその形態は様々です。アパートが多く建てられ始めた1970年代当時の形態は日本の団地に似た形が主流でしたが、次第に高層化してゆき最近ではタワー型のものが人気です。また、下層階に商業施設を兼ね備えた「住商複合(ジュサンポッカッ)」も人気を呼びましたが、家賃・管理費ともに非常に高いため、現在は一部の富裕層が住める物件という認識が大勢です。
2.単独住宅、連立住宅(ヴィラ)
単独住宅(または単に住宅とも言う)は日本でいう一軒家のこと。2階~3階建ての建物が多く、フロアごとに貸しに出されることも多くあります。連立住宅は多世帯向けの住居ですが、4階建て以下の建物を指します。近年の韓国ではアパートが高級なイメージがあるため、これらの住宅の人気は下がりぎみです。

家賃の相場
エリアや築年数、坪数などによって様々。
各国の外国人が多く住むソウル市龍山区梨泰院洞の例。(3LDK)
チョンセ:約1億5,000万ウォン~2億ウォン
ウォルセ:保証金 1,000万ウォン/月々の家賃 約70万ウォン
契約期間
1年または2年
長所
同じぐらいの広さの部屋でもアパートよりも割安で借りることができる。
短所
古めの物件が多い傾向にある。
3.ワンルーム
日本で言うワンルームとほぼ同様の意味で、1人で暮らすに適した物件と言えます。住居兼事務所として使用できるオフィステルタイプや低層ビルのヴィラタイプなどの種類があります。生活に必要な家具類は全て自分で用意するのが基本ですが、フルオプションという、あらかじめ家具類が準備されているケースもあります。光熱費・インターネット利用料・管理費は月々の家賃とは別に払うことがほとんどです。

家賃の相場
エリアや築年数、坪数などによって様々。
留学生が多く住む地下鉄2号線新村駅付近の例。
チョンセ:約7,000万ウォン
ウォルセ:保証金 約500~1,000万ウォン/月々の家賃 約20~60万ウォン
契約期間
1年または2年
長所
まとまった資金があれば保証金を多めに払うことで月々の家賃が安くなるので、長い目で見たときに下宿やコシウォンより住居費を抑えられる場合もある。
短所
光熱費などが別途発生し、インターネットやテレビなど各種インフラの手続きも自分でしなくてはいけないことが多い。

オフィステルタイプ
ヴィラタイプ
もともとは学生が国家試験の勉強をするための部屋を指しますが、受験勉強が目的でなくても入居することが可能です。3畳ほどの部屋に机やベッドが備え付けられており、トイレやシャワーは共同で使用するのが基本です。光熱費・インターネットの利用料は家賃に含まれおり、台所にご飯やキムチ、サービスの良いところになるとラーメン、卵などが常備され自由に使えます。最近ではコシウォンを改装し、部屋にトイレ・シャワーが備え付けられている、ワンルームタイプの「コシテル」と呼ばれるものも増えてきています。

家賃の相場
約20~50万ウォン/月
契約期間
基本的に月単位の契約。月の初めに当月分の家賃を先払いする。
長所
下宿よりも他の住人との交流があまりないのでプライバシーを保てる。
短所
部屋がかなり狭く、備え付けのベッドも小さめなことが多い。
5.下宿(ハスク)
住宅の6畳くらいの部屋を間借りして住むスタイルのことで、トイレ・シャワーは共同で使用します。たいてい、朝と夜の1日2食付きで月の家賃に食費や光熱費が含まれています。また、インターネットの利用料も家賃に含まれているところがほとんどです。机やベッド・TVなどは基本的に用意されていますが、全く何も用意されていないところもあるので確認が必要です。食事の質や量、下宿内のルールは主人によって違ってくるので、主人がどんな人なのかは下宿選びの際の重要なポイントになってきます。

家賃の相場
約30~50万ウォン/月
契約期間
基本的に月単位の契約。月の初めに当月分の家賃を先払いする。
長所
食事の時間などに他の住人との交流が図れるので、友達を作りやすい。
短所
他人との共同生活なのでプライバシーが守られない場合も多い。
こんな部屋にも注目!
半地下(パンチハ)
半分だけ地下になっている部屋のこと。窓が地面のすぐ上にあり、防犯用の格子が付いています。室内から外を見ると通行人の足元が見えたりすることも。ワンルームなどでは上の階より家賃は安いものの、昼間でも薄暗かったり、湿気が溜まりやすかったりと難点も多いようです。外部から侵入しやすいため、女性の一人暮らしには注意が必要です。
屋塔房(オッタッパン)
ビルなどの屋上に作られた屋根部屋。韓国ではドラマの中で貧しい主人公がオッタッパンに住んでいる設定も多く見られ、これに憧れる若者も少なくありません。屋上の空いたスペースを自分の庭のように使って生活できるのも魅力。しかし実際には夏は暑く冬は寒いなどと、生活に不便な点も多いようです。家賃は下の階の部屋より安めです。
語学留学生が住むにはどこがお勧め?
韓国の語学留学の特徴は大学が語学学校を運営していることが多いという点。ただし、正規留学や交換留学とは異なり、語学研修生に学生寮を提供している学校はあまり多くはありません。そのため、韓国に留学をする学生の多くは、下宿やコシウォンに住むことが多いです。下宿やコシウォンは家主に1ヶ月前をめどにその旨を伝えればいつでも退去が可能、同居している仲間からのサポートも得られるという点で、韓国生活が安定しない時期にお勧めです。韓国語が上達してきたら自分の生活スタイルにあったワンルームを探し始めるのもよいでしょう。

また、短期留学の場合はゲストハウスやレジデンスも選択肢。韓国ではホームステイはあまり一般的ではないので、現地の人との交流を求めるのであれば、オーナーさんと触れ合えるゲストハウスがお勧めです。
韓国で住まいを探す方法
1.不動産屋
ワンルームやアパートを探す場合には大家との仲介をしてくれる不動産屋へ直接行って探すのが良いでしょう。個人経営の不動産屋はたいてい近所の物件のみを扱っているので、住みたいエリアを決めた上で、そのエリアにある不動産屋を訪問しましょう。自分の希望を伝えれば、希望に沿った物件を探してくれます。不動産屋を利用する場合には契約時に仲介手数料として契約総額の0.3~0.8%を支払います。韓国語に自信のない方は韓国人の知り合いに付いてきてもらうか、日系の不動産屋や日本語の通じる不動産屋の利用をオススメします。
2.新聞・張り紙
街中のいたるところに「カロス」「キョチャロ」「ピョルッシジャン」などの不動産や生活情報の掲載されたフリーペーパーが設置されています。内容はそのフリーペーパーが設置されている地区のものになります。こうした媒体は、不動産屋ではなく大家が直接広告を掲載している場合が多いようです。また、下宿やコシウォンが多く集まるエリアでは、電柱や掲示板に張られた入居者募集の張り紙をよく見かけます。いずれも、気になる物件があれば直接行ってみるか電話をし、部屋を見せてもらいましょう。
3.インターネット
在韓日本人たちが見るサイト
韓国在住者がよく閲覧する掲示板を活用して情報交換をすることができます。コネストコミュニティの「生活・交流掲示板」でも、物件情報が多く出ているので参考にしてみましょう。
韓国のサイト
インターネットからは全国の部屋情報を検索することができます。下宿・コシウォン・ホームステイ用の検索サイトがあるので自分の条件に合った物件を見つけましょう。
コシウォンネットワーク:http://www.gosione.net/ (韓国語)
コシウォンフォーユー:http://www.gosiwon4u.net/ (韓国語)
4.代行サービス
住居は韓国に住み始める前に決めておきたいもの。日本にいながら物件探しをするのは難しいため、住居を紹介してくれる代行サービスを利用するのも方法です。コネストに留学申込の手配を依頼すれば、下宿・考試院のご紹介も可能です。詳しくは「韓国留学申し込みガイド」をご覧ください。
部屋の下見は居住中にも可能
韓国では、部屋を退去するという意思が確認されたらすぐに家主が次の住人を探すために不動産屋に物件を出します。そのため、空き物件として情報が出ているものの中にも、まだ住人がいるケースが多いです。内覧にあたっては、在宅・不在の有無を問わないのが韓国式。

居住中の部屋を内覧する場合、家具が置かれて生活している雰囲気を実感できるメリットがある反面、ゆっくりと見ることがはばかられるというデメリットもあります。また、自分が居住している場合も同様に、退去の意思を示したらすぐ次の居住希望者が不動産屋や家主を通して下見に来る可能性があります。
韓国の住宅事情の関連記事
住居形態・家賃制度
関連記事

  最終更新日:07.11.21
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
住民登録(在外国民)
在韓日本人お役立ち情報
EXPARO(エクスパロ)海外送金
在韓日本人お役立ち情報
役立つ韓国ウェブサイト集
在韓日本人お役立ち情報
日本から韓国への送金
在韓日本人お役立ち情報
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]