韓国旅行「コネスト」 第6回~荒井淳さん(アパマンショップコリア) | 日韓わったがった ―韓国で、はたらく。 | 韓国文化と生活
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国文化と生活 > 韓国生活 > 日韓わったがった ―韓国で、はたらく。 > 第6回~荒井淳さん(アパマンショップコリア)

第6回~荒井淳さん(アパマンショップコリア)

お気に入りに追加 (登録者 : 2人) 印刷する
日本でおなじみの不動産会社「アパマンショップ」で働く荒井淳さんは、韓国在住歴2年。韓国における日本人の不動産のプロとして、韓国人スタッフに囲まれながら日々精力的に仕事をこなしている。
江南(カンナム)駅三洞(ヨクサムドン)の店舗にお邪魔してみると、スーツでビシッと決めた荒井さんが笑顔で迎えてくれた。一見すると「できる営業マン」という風情の荒井さんだが、実は休日ごとにクラブに繰り出しストリートダンスにいそしんでいるという二面性の持ち主。オフもオンも十二分に満喫している荒井さんは、ソウルの街で暮らしながら、日々どんなことを感じ取っているのだろう。
荒井淳さん
荒井淳さん
勤務先:株式会社アパマンショップコリア 
勤務先:営業統括本部  部長
在韓歴:2年
年齢:29歳(1977年生まれ)
趣味:ストリートダンス
経歴:2002年4月 アパマンショップ  東京本社 入社
FC事業本部配属、以降、店舗開発部に異動、店舗勤務などを経験、2004年10月  海外準備室に異動、韓国へ
韓国に来られたきっかけは何ですか?
もともと台湾が好きだったんですが、まあ、台湾にこだわらずアジアで働きたいっていうのはずっとあったんですよ。で、ある日海外勤務の社内公募がありまして。勢いで応募しました。その三ヵ月後にはソウルに来ていましたね。あっという間ですよ。でも、来てよかったと思いますね。日本にいた頃は組織の下だったじゃないですか。それがこっちに来て会社の立ち上げから携わって、責任が重くなった代わりに日本ではできない良い経験をしているなって思います。何より経営感覚が身につきました。
韓国語のレベルはどれくらい?
さっき話した通り、いきなり韓国行きが決まったんで、何も知らないまま来たんですよ。初めの一ヶ月は学院に通いましたが、きちんと勉強したのはそれだけですね。あとは会話で覚えていきました。今は日常会話には困らない…イヤちょっと困るくらい(笑)。  ホント、机の上での勉強はしてないんですよ。
仕事では日本人の顧客を担当しているし、社内でも日本語ができる韓国人がいるので問題はないです。ただ、たとえば家でインターネットにつながらなくなったとか、間違って非常ベルを押しちゃったとか、そういう私生活でのトラブル時は韓国語でうまく説明できなくて困りますね。でも、ケンカはできると思います(笑)
荒井さんの1日を教えてください。
平日は9:30頃出社します。あくまでも「頃」ですけど(笑) それから午前中は主に店舗業務をして、午後から物件の案内や営業に出ます。不動産の相談に乗ってくれる日本人というのは韓国では希少価値じゃないですか。韓国在住の日本人もそうだし、在日韓国人のお客様も多いんですけど、そういう方にとっては日本語で取引できるというのが安心だし心強いと思うんですよ。他社にはない、そういう部分に一番やりがいを感じています。
で、仕事が終わったら、なるべく夕方から日本人同士の交流会や飲み会に出るようにしています。やっぱりこういう仕事をしていますので、ネットワーク作りが大事なんです。思わぬ企業の駐在員と知り合えて、それがビジネスにつながったりもしますからね。
仕事でとまどうことは?
不動産ではまず物件の流れが速いことですね。日本では結構待ってくれたりするんですが、すぐにでも入居したい!というのが多いし、紹介しようと思っていた物件がすぐなくなっていたり…。あと、韓国はオーナー(部屋を貸す側)の立場が強いですね。うちとしては、日本でやってきた通り、部屋を借りる側に立ちたいんですが。そこらへんが難しいです。
あと、韓国人の部下を叱った場合のフォローが難しいですね。うまく伝えられないときがあります。
他に韓国に来て感じた文化の差はありますか?
人と人との距離が近いですね。実際の距離も、心の距離も。たとえば写真を撮るとき、男同士肩を組んだりするんですよね。びっくりして離れたら「僕のこと嫌いですか?」って。今はもう慣れましたけど。あと、韓国の女性は、普段は日本の女性とあまり変わらないとは思うんですが、ケンカをするとひいてくれませんね(笑)

食べ物でいうと、韓国はおいしいものが安くていいですよね。でもメニューの種類が少ないのが不満です。レパートリーが少ないんですよ。
趣味はダンスですか?!
あ、社交ダンスじゃないですよ。ストリートダンスです。休日はもっぱらダンスばかりですね。金曜の夜から朝まではクラブにいます。やっぱり弘大(ホンデ)です。自宅は江南(カンナム)なんですが、江南より弘大のほうがちゃんとしたダンサーが多いし、レベルも高いんですよ。よく行くのは「M2」、「tool」、「NB」とか。ダンスイベントを企画して出演したりもしています。
ダンスは大学生の頃からやってました。それこそ就職するまでドレッドヘアだったんですよ。昔の友達は今この姿で会ってもほとんど気づいてくれませんね。
日本でもクラブにたくさん行きましたが、韓国のクラブはちょっと違うんです。日本だとどっちかっていうと、かっこつけたり斜に構えている人が多いのですが、韓国は「みんなで騒ぐ」「みんなで踊る」って感じで楽しいです。気取らずにみんな一緒になって盛りあがれる、それが韓国のクラブの魅力ですね。
弘大のクラブ以外にイチオシスポットは?
飲食店なら会社の近くの冷麺専門店「カルマジェ」ですね。僕、本当に冷麺が好きで、夏でも冬でも一年中冷麺ばっかり食べてるんですよ。「カルマジェ」はムルネンミョン(水冷麺)がおいしくて、お昼によく食べにいきます。この前、お店の人が「この人こんなに寒いのにまた冷麺食べてるよ」ってささやいているのが聞こえました…。あとは、「オマクチッ」というホルモン屋。高いですが、ここのコプチャンは本当においしいです。
おいしいお店を探すのが好きなんで、日本から知人が来ても飲食店中心に連れて行ってあげますね。観光地には普段そんなに行かないのですが、釜山(プサン)は良かったです。海雲台(ヘウンデ)で泳ぎました。ジャージャー麺をビーチまで配達してくれるのがおかしかったです。
同じ駐在員にアドバイスをするとしたら?
韓国人の信頼できるパートナーを必ずつくること、これに限ります。外国でやるんだから、いくら日本人ネットワークがあるといっても限界があります。絶対日本人だけでやろうとしてはだめですね。現地の人と協力し合わないと。実際こちらで働いてみて、身にしみて感じました。
最後に今後の夢をお聞かせください。
将来的には、アパマンショップで中国・韓国・日本をつなぐ役目を果たしたいと思っています。日中韓の不動産の窓口になりたいです。そのために、まず韓国で頑張っていきます!
インタビューを終えて…
次から次へとユーモアたっぷりの話を聞かせてくれた荒井さん。韓国語の勉強は必要最小限と言い切り、どんどん韓国人の輪に入って感覚で身に付けてしまう。趣味のダンスの話になると少年のように顔をほころばせ、仕事の話になるとキリッとマジメモードに切り替わる。仕事も遊びもメリハリをつけて全力投球、そんな荒井さんに、活気あふれるソウルの街はピッタリなのかもしれない。
アパマンショップコリア
アパマンショップコリア・アパマンショプコリア仲介は、日本のアパマンショップ(www.apamanshop.com)のグループ会社。
●賃貸斡旋:一般住居、短期レンタル、事務所、店舗
●コンサルティング:日本人サポート、土地、投資不動産、ビル
●日韓送客:韓国→日本、日本→韓国、社会人、留学生
●売買:一般住居、土地、商業施設
●付帯サービス:家具レンタル、家具格安購入、生活情報提供、
●付帯サービス:生活サポート
●マンスリー運営:外国人向けマンスリー運営(短期~長期対応)

店舗:ソウル 江南区 駅三洞702-28 ソルルンビル1F
TEL:02-539-1611
FAX:02-508-1183
ホームページ:www.apamanshop.co.kr
  最終更新日:06.11.09
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目の記事 更新順リスト
第84回~川端悠輔さん(観光案内ガイド)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第26回~関康夫さん(日本大使館領事部)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第83回~カンナムさん(歌手・タレント)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
第82回~村岡さん・太田さん(韓国伝統酒ソムリエ)
日韓わったがった ―韓国で、はたらく。
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]