暖かい日差しの中でウトウト…。そっと近づくと夢の中。(ワールドカップ公園駅)
若者が行き交う夜の弘大(ホンデ)エリア。公園のベンチ下で誰かが来るのをじっと待っている。(弘大)
路地裏の物陰に身を隠し、通り過ぎる人を興味深く見つめていた。(新村)
午後の住宅街を悠々と散歩。(新村)
食堂の裏から連れ立って出てきた猫の親子。(弘大)
青々とした夏草の匂いに吸い寄せられて。(南山公園)
堂々とした足取りで近づいてきた猫。(夢村土城)
母猫の視界には、常に2匹の子猫たち。(東仁川駅)
食堂の前で飼い犬と一緒に日向ぼっこ。(三清洞)
塀の上は猫たちの安全地帯。(阿峴洞)
人通りの少ない路地で見せてくれた愛嬌たっぷりの姿。(明洞)
それぞれの住処から、じっと見つめあう2匹。(明洞)
瓦屋根の上から、しばし人間観察?(昌徳宮)
床下の隙間から周囲を伺う子猫。(景福宮)
野原に佇み、じっと遠くを見つめていた。(孝昌公園)
2013年からソウル東南部の江東(カンドン)区では飼い主のいない猫を巡るトラブル解決策として「野良猫給食所」を設置。区がエサ代を負担し、有志のボランティアが管理しています。また猫の不妊・去勢手術も施され、繁殖を防ぐことで様々な被害も減ったと言います。
子猫たちが暮らすには厳しい都会の環境。人と共存していくための道を探る努力はまだ始まったばかりです。
コネストトップページへ
前へ次へ
都会に暮らす子猫たち
ビルの谷間や路地裏で日々を生きる小さないのち


写真をクリック!
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細