韓国旅行「コネスト」 ソウルで食べられる地方の味特集 | グルメテーマ特集
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国グルメ > 特集記事 > グルメテーマ特集 > ソウルで食べられる地方の味特集

ソウルで食べられる地方の味特集

お気に入りに追加 (登録者 : 50人) 印刷する
地方の風土や特産物を生かした郷土料理。「その土地に行かなければ食べられないのでは?」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません!

全国各地から多くの人が集まる首都ソウルには、現地の食材や調理法にこだわった料理を出す郷土料理店がたくさんあります。ソウルにいながらにして各地の名物料理を食べ歩く、味めぐりの旅に出かけてみませんか?
押さえとこう!朝鮮半島の味ポイント
1、北部地方は薄口で辛さ控えめ、南部地方は濃い口で辛め

2、海岸部は海産物料理が発達。内陸部は山菜や穀類を使った料理が多い
北部地方へGO>>

代表料理:平壌(ピョンヤン)冷麺、咸興(ハムン)冷麺、スンデ、温飯(オンバン)、オボッチェンバン(牛肉の寄せ鍋)、マンドゥ
北部地方へGO>>
代表料理:
平壌(ピョンヤン)冷麺、咸興(ハムン)冷麺、スンデ、温飯(オンバン)、オボッチェンバン(牛肉の寄せ鍋)、マンドゥ
ソウル・京畿道へGO>>

代表料理:韓定食、ソルロンタン、プデチゲ、二東(イドン)カルビ、水原(スウォン)カルビ、利川(イチョン)サルパッ
ソウル・京畿道へGO>>
代表料理:
韓定食、ソルロンタン、プデチゲ、二東(イドン)カルビ、水原(スウォン)カルビ、利川(イチョン)サルパッ
江原道へGO>>

代表料理:タッカルビ、マックッス、味噌カルグッス、草堂豆腐、雌宝香の炊き込みご飯、オジンオシンデ(韓国風イカ飯)
江原道へGO>>
代表料理:
タッカルビ、マックッス、味噌カルグッス、草堂豆腐、雌宝香の炊き込みご飯、オジンオシンデ(韓国風イカ飯)
忠清道へGO>>

代表料理:清麹醤(チョングッチャン)チゲ、スジェビ(すいとん)、チャグリチゲ、ポリパッ(麦飯)、ヌルングッス
忠清道へGO>>
代表料理:
清麹醤(チョングッチャン)チゲ、スジェビ(すいとん)、チャグリチゲ、ポリパッ(麦飯)、ヌルングッス
全羅道へGO>>

代表料理:全州ビビンバ、モヤシクッパ、トッカルビ、ガンギエイ、ドジョウ汁、家庭式韓定食、オリタン(アヒルのピリ辛鍋)
全羅道へGO>>
代表料理:
全州ビビンバ、モヤシクッパ、トッカルビ、ガンギエイ、ドジョウ汁、家庭式韓定食、オリタン(アヒルのピリ辛鍋)
慶尚道へGO>>

代表料理:チムタム、忠武キムパッ、アグチム(アンコウの蒸し煮)、テジクッパ、東菜パジョン、カンコドゥンオ(塩鯖)
慶尚道へGO>>
代表料理:
チムタム、忠武キムパッ、アグチム(アンコウの蒸し煮)、テジクッパ、東菜パジョン、カンコドゥンオ(塩鯖)
済州道へGO>>

代表料理:黒豚、ヘムルトゥッペギ(海鮮味噌鍋)、カルチジョリム(太刀魚の煮物)、あわび粥、刺身類
済州道へGO>>
代表料理:
黒豚、ヘムルトゥッペギ(海鮮味噌鍋)、カルチジョリム(太刀魚の煮物)、あわび粥、刺身類
各地方の特徴とソウルで食べられる店
※以下でご紹介するお店は、基本的に現地の食材や調理法にこだわった料理を出す店舗ですが、全国的に有名な料理については、それらを食べられるお店として紹介しています。
北部地方の郷土料理
広大な中国大陸と隣り合う北部地方の料理は、全体的に量が多く、大ぶりのものが多い。険しい山と平野からなる西側地域は、厳しく冷え込む冬場に肉類がよく食べられ、蕎麦粉や緑豆粉を使った粉料理も多く、そうした特徴がよく表れた名物料理がスープスタイルの平壌冷麺(ピョンヤンネンミョン)

一方、東海(トンへ、日本海)に面した東側の海岸部は、海産物が豊富で、味付けは薬味を多く用いるため濃い目。咸鏡道(ハムギョンド)の都市、咸興(ハムン)を代表する咸興冷麺(ハムンネンミョン)は唐辛子ベースのタレを混ぜて食べる冷麺。
江西麺屋(狎鴎亭)
1948年に平安南道(ピョンアンナムド)で創業した冷麺店。3代にわたり守り続ける本場の平壌冷麺は各界の著名人にも好評。

江西麺屋 詳細を見る
ピヤンコンハルマニ(三成)
化学調味料を使わず、豚肉とアミ海老の塩辛で味付けされた真っ白のおからスープ(コンビジ)など平壌出身のハルモニが作る料理は栄養も満点。

ピヤンコンハルマニ 詳細を見る
イブッソンマンドゥ(市庁)
北部地方の冬場の味「キムチ冷飯」で有名に。子どものこぶし大のマンドゥ、緑豆チヂミなど、こだわりの北部料理が評判。

イブッソンマンドゥ 詳細を見る
平安道マンドゥチッ(光化門)
看板メニューの自家製マンドゥは食べ応え満点。飾らずシンプルな味わいで、刺激の少ない淡白な味が好みの方におすすめ。

平安道マンドゥチッ 詳細を見る
咸鏡麺屋(ソウル東部)
咸興式冷麺にエイの刺身、ゆで卵、きゅうり、梨などを盛ったエイの刺身入り辛口水冷麺はじわじわ来る辛さが病み付きに。

咸鏡麺屋 詳細を見る
南浦麺屋(市庁)
平壌の名物料理で他ではなかなか見かけない「オボッチェンバン(牛肉の寄せ鍋)」の専門店。北部出身の常連も多数。

南浦麺屋 詳細を見る
九月山(新村)
豚の腸に野菜や豚の血が入る北部式スンデがベースのオリジナルスンデを提供。

九月山 詳細を見る
木路(狎鴎亭)
マンドゥチョンゴル(餃子の寄せ鍋)をはじめ塩気・辛味を抑えた北部料理の名店。

木路 詳細を見る
鎮南浦麺屋(南山)
鶏丸々1羽を茹で上げる、素朴で豪快な北部式チムタクの店。

鎮南浦麺屋 詳細を見る
ソウル・京畿道の郷土料理
約600年間、朝鮮王朝の都だったソウルには、宮廷料理の面影が残る料理が多い。今では大衆的な食べ物であるソルロンタン(牛肉煮込みスープ)は、元々は先農祭(ソンノンジェ)と関連した国家の祭祀(チェサ)料理だった。

全体的に量は少ないが種類が多く、韓定食(ハンジョンシッ)に代表されるように見た目が華やかなのが特徴。味付けは塩辛くも薄くもない中間の味。

また、京畿道発祥の料理としては、米軍基地が多い議政府(ウィジョンブ)プデチゲ(部隊鍋)がある。韓国の2大カルビと言われる、水原(スウォン)の王カルビ、抱川(ポチョン)の二東(イドン)カルビも京畿道が発祥。
シムスンタン 建大店(ソウル東部)
歌手シム・テユンがオーナーのプデチゲ店。深みのある濃厚な味がポイント。内装もお洒落。

シムスンタン 建大店 詳細を見る
発祥の地へ!現地おすすめ店
細長い形が特徴の二東カルビ
細長い形が特徴の二東カルビ
オデン食堂 韓国のグルメ漫画「食客」に登場。議政府プデチゲ通りの元祖店。

元祖二東キム・ミジャハルモニカルビ 抱川に数ある二東カルビ店の中で創始者的な店。

佳甫亭 水原で人気・規模ともに最大を誇る超有名店。昼食時には手軽な定食メニューも。
江原道の郷土料理
太白(テベッ)山脈から東側、海に面した嶺東(ヨンドン)地方は、新鮮な魚介類を活用した食べ物が多い。一方、深い山が連なる西側の嶺西(ヨンソ)地方は畑作物の産地として、ジャガイモやトウモロコシ、蕎麦などを使った素朴で飾り気のない料理がよく食べられてきた。

ドラマ「冬のソナタ」で一躍有名になった春川(チュンチョン)は、昔から畜産業が盛んだった地域。鶏肉と野菜を甘辛く炒めたタッカルビが名物料理となっている。
春川家タッカルビ(新村)
学生街にあり明け方まで営業しているタッカルビの人気店。「辛め」と「辛さ控えめ」から選択可。シメの炒飯も忘れずに!

春川家タッカルビ 詳細を見る
春川マックッス(乙支路)
蕎麦100%の麺で作る江原道(カンウォンド)名物マックッス(鶏と若菜の韓国風冷やし蕎麦)が看板メニュー。昔からの常連も多い老舗。

春川マックッス 詳細を見る
江陵イェンナルチッ(狎鴎亭・清潭洞)
江陵(カンヌン)地方の料理を味わえる韓定食店。豆腐や山菜などヘルシーな料理が多い。

江陵イェンナルチッ 詳細を見る
発祥の地へ!現地おすすめ店
束草(ソクチョ)名物のオジンオスンデ(韓国風イカ飯)
束草(ソクチョ)名物のオジンオスンデ(韓国風イカ飯)
春川明洞タッカルビ通り 150mほどの路地に約20軒のタッカルビ店が続く。新鮮で柔らかな鶏肉は本場ならでは。

端川食堂 北部料理店が多いアバイマウルに位置。店主の故郷の味を提供。
忠清道(忠清北道・忠清南道)の郷土料理
農業が盛んで米や麦などの穀物と野菜が多く生産される地域。海岸部では海産物、内陸部では山菜やキノコが採れ、それらを使った素朴で淡白な味わいの料理が目立つ。汁物のダシは鶏肉のほか牡蠣などの魚介類で取られ、味付けには味噌(テンジャン)がよく用いられる。

名物料理としては内陸で採れた蕎麦が原料のムッパッ(ムッは寒天、パッはご飯)、ポリパッ(麦飯)のほか、清州(チョンジュ)地域ではチャグリチゲ(汁気の少ない豚肉のチゲ)が有名。冬には日本の納豆にも似た香りの清麹醤(チョングッチャン)チゲがよく食べられる。
明洞餃子(明洞)
鶏ベースでとろりとしたスープのカルグッスは、麺と汁を一緒に煮込む忠清道名物「ヌルングッス」がベース。

明洞餃子 詳細を見る
サウォレポリパッ 狎鴎亭店(狎鴎亭)
野菜たっぷり、ヘルシーで具沢山の麦飯専門店。ビビンバのようにしっかり混ぜて食べよう。

サウォレポリパッ 狎鴎亭店 詳細を見る
マミーチョングッチャン(大学路)
看板メニューの清麹醤チゲは韓国のおふくろの味。栄養価が高く消化も良い健康食として近隣劇場の俳優たちも常連。

マミーチョングッチャン 詳細を見る
全羅道(全羅北道・全羅南道)の郷土料理
肥沃な湖南(ホナム)平野で採れる野菜や穀物、海岸沿いの海産物、そして内陸部の山菜と、朝鮮半島で最も食材が豊かな地方。材料を惜しみなく使い、丹精込めて作られる料理は、種類豊富で見た目も豪華。

気候が暖かい南部地方に位置するため、濃く塩辛い味付けが特徴。キムチ作りでは唐辛子粉に特産品の塩辛をたっぷり入れた濃い目の薬味(ヤンニョム)が欠かせず、他地方に比べて味わい深いキムチとなっている。
新安村(光化門)
ホンオ(ガンギエイ)やナッチ(手長ダコ)など全羅道の郷土料理を楽しめる。食材は現地から取り寄せ、本場の味を届ける。

新安村 詳細を見る
全州ユハルモニビビンバ(市庁)
全州(チョンジュ)出身のハルモニが作る真心こもった料理が評判。コンナムルクッパ(モヤシクッパ)は二日酔いの朝にも。

全州ユハルモニビビンバ 詳細を見る
古宮(明洞)
全州に本店を構えるお店のソウル1号店。真鍮の器に入った、見た目も美しい全州式ビビンバで有名。

古宮 詳細を見る
全州豊南会館(光化門)
食の都、全州出身の夫婦がオーナー。ビビンバやコンナムルクッパのほか、大きなケランタン(卵の蒸し料理)が人気。

全州豊南会館 詳細を見る
全州中央会館 明洞本店(明洞)
おこげがたまらない、石焼ビビンバ発祥の店。器には全羅道産の石を使用。

全州中央会館 明洞本店 詳細を見る
羅州食堂(東大門)
店主の故郷、羅州(ナジュ)から取り寄せた食材で作る素朴な魚料理が評判。珍味ホンオは相性ぴったりのマッコリと。

羅州食堂 詳細を見る
発祥の地へ!現地おすすめ店
申食堂のトッカルビは韓牛100%!
申食堂のトッカルビは韓牛100%!
カラム韓定食 コチュジャンで有名な淳昌(スンチャン)の家庭式韓定食店。

パンムルグァンアッチッ 竹の産地潭陽(タミャン)の郷土料理店。竹飯や筍料理が人気。

申食堂 1909年創業。潭陽名物の牛肉料理「トッカルビ」を提供する老舗中の老舗。

オリタン通り 光州(クァンジュ)駅から徒歩10分。エゴマ粉入りの濃厚なアヒル鍋が評判。
慶尚道(慶尚北道・慶尚南道)の郷土料理
南海(ナメ)、東海(トンヘ)と2つの漁場に恵まれ、海産物が豊富に採れる慶尚道。特に慶尚南道では「肉」といえば魚を指すほどで、魚介類を使った料理が多い。味付けは全羅道地方よりも塩辛く、唐辛子も多用されるため辛い料理が目立つ。

特に慶尚北道(キョンサンプット)の安東(アンドン)は、名物料理が多いことで有名。カンコドゥンオ(塩鯖)やホッジェサパッ(祭祀膳)、今や全国的なメニューとなったチムタク(鶏の甘辛煮込み)も安東の郷土料理。
梨花安東チムタク(梨大)
自然養法の鶏肉のみを使用したチムタクが評判。2000年前後のチムタクブーム後も安定した客足を誇る店。

梨花安東チムタク 詳細を見る
忠武キムパッ(明洞)
忠武(チュンム)キムパッは忠武(現在は統営)の郷土料理。元々は漁師の弁当で、暑い気候でも傷まないよう具なしの海苔巻きとおかずを作ったのが始まり。

忠武キムパッ 詳細を見る
元祖馬山アグチム 鍾路本店(鍾路)
アグチムはアンコウと豆モヤシを激辛の薬味で炒め煮した馬山(マサン)の郷土料理。絶妙な辛さの薬味は淡白なアンコウと好相性。

元祖馬山アグチム 鍾路本店 詳細を見る
安東チッ(ソウル東部)
慶尚北道名物白菜チヂミ香ばしいごま油の香りに食欲をそそられ、一口食べると白菜の甘みが口中に広がります。

安東チッ 詳細を見る
田園(南山)
晋州(チンジュ)出身の店主が切り盛りする家庭式韓定食店。豆の葉の味噌漬けや排草香のチヂミなど慶尚道名物のおかずが登場。

田園 詳細を見る
南門土房(南大門)
すりつぶしたどじょうを使う、慶尚道式どじょう汁が味わえる。「ソウルが誇る韓国料理店」にも選定された店。

南門土房 詳細を見る
発祥の地へ!現地おすすめ店
脂がよくのり肉厚な塩サバ
脂がよくのり肉厚な塩サバ
安東
安東チムタク横町 約100mのアーケード街は見渡す限りチムタク専門店!

カチクモンチッ 儒教文化が色濃く残る安東の名物料理「祭祀膳」の有名店。

ファンソコッカン(安東韓牛豊山市場) 産地ならではの良心的な価格で韓牛を堪能。

一直食堂 ご当地銘柄「安東カンコドゥンオ」の直営食堂。
さっぱり食べられるチョッパルの冷菜。コラーゲンも豊富
さっぱり食べられるチョッパルの冷菜。コラーゲンも豊富
釜山
漢陽チョッパル テレビ番組での紹介も多数。釜山名物チョッパル(豚足)の冷菜の有名店。

伽耶ミルミョン 小麦粉の麺を使った釜山ならではの冷麺「ミルミョン」の老舗。

ポンジョンテジクッパ 国鉄釜山駅そば。長年変わらぬ味が自慢のテジクッパの人気店。
済州道の郷土料理
美しい大自然と清らかな空気を誇る済州道(チェジュド)。海で採れる魚介類や海草、陸地で収穫される野菜が主な食材として用いられ、素材の持ち味を生かしたシンプルで素朴な料理が多い。特産品としては、済州道だけに生息する済州黒豚をはじめ、キジ肉、粥・刺身・蒸し物などにして食べられるアワビが有名。
ハルラエチッ(光化門)
済州島出身の店主が開いたソウルで初の済州島郷土料理店。済州から毎朝空輸される材料を使い、本場の味を提供。

ハルラエチッ 詳細を見る
サムダヨン(江南)
毎日産地直送で届く済州島産黒豚専門の焼肉店。豊かな風味とジューシーな肉汁はやみつきになる美味しさ。

サムダヨン 詳細を見る
ウドンチョン(狎鴎亭)
済州島産の黒豚サムギョプサルが評判の焼肉店。お得なセットメニューが人気。店内には芸能人のサインがぎっしり!

ウドンチョン 詳細を見る
お酒だってご当地もの!韓国の地酒を置いている店
日本でも地酒と言われる地方ならではの日本酒やビールが人気ですが、お隣韓国でも代表酒である焼酎マッコリは、全国各地で発達してきました。ソウル市内には地酒を専門とする居酒屋があり、地方に行かずして独特の味わいに出会えます。また、一部の郷土料理店には、地酒を置いているところもあるので、一緒に試してみるのもおすすめです。
MOON JAR(狎鴎亭)
黒豆や紫いも、蓮の葉入りのものなど15種類以上のマッコリを用意。インテリアにもこだわるモダンマッコリバー。

MOON JAR 詳細を見る
月香(弘大)
地方マッコリはもちろん、北朝鮮のビールや済州島の焼酎も揃えたマッコリ居酒屋。お洒落な雰囲気で若者に人気。

月香 詳細を見る
1つの都市に滞在しながら各地方の料理が食べられるのは、多くの人とお店が集まる大都市ソウルならでは魅力です。

地元の食材と、その土地出身の主人が持つこだわりから生み出される郷土料理は、現地の韓国人をも足繁く通わせてしまう郷愁の味。

各地の料理を味わう、「朝鮮半島ぐるり一周inソウル」なんていうのも面白いかもしれません!
その他の特集記事 もっと見る
掲載日:11.06.09   最終更新日:13.10.10
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
韓国料理ガイド
韓国グルメ特集記事
旬のモノを食べたい!(26)
韓国のうまいもん横丁(31)
グルメテーマ特集(119)
初心者のためのモデルプラン(12)
その他の特集記事リスト  
お客様の声 グルメ 最新クチコミ
念願のチムタク!
烈鳳チムタク 梨大店
準備をおすすめします!
道通四柱カフェ
この焼肉ならいけるかも
朝鮮火炉クイ
もっと見る  
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]