韓国旅行「コネスト」 ソウルのうまいもん横丁特集 | 韓国のうまいもん横丁
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国グルメ > 特集記事 > 韓国のうまいもん横丁 > ソウルのうまいもん横丁特集

ソウルのうまいもん横丁特集

お気に入りに追加 (登録者 : 328人) 印刷する
ソウルには「モッチャコルモク」と呼ばれる通りがいくつもあります。「モッチャコルモク」とは、直訳すると「食べよう通り」となりますが、コネストでは「うまいもん横丁」と表記しています。

「うまいもん横丁」の大きな特徴は2つ。まずは、とにかく似たような店がずらりと並び、ほとんどの店が「元祖」を名乗っていること!そして、もうひとつは、地元密着型でグルメな韓国人が太鼓判を押す名店が多いこと!

しかし、外国人観光客にとって、お店選びは至難の技。「どこのお店がいいかな~?」と迷ったら、コネストがオススメする「KONEST CHOICE!」のお店に入ってみてください。さあ「食道楽の旅」スタートです!
緑:ソウル中心部 青:ソウル東部 赤:ソウル西部 オレンジ:江南エリア
ソウル中心部
タッカンマリ横丁(エリア:東大門)
鶏まるごと一羽を使ったダイナミック料理
鶏まるごと一羽を大きな鍋にいれて、グツグツ煮込んだ豪快な料理が「タッカンマリ」。大胆かつシンプルなこの料理が食べたくなったら、迷わず東大門(トンデムン)のうまいもん通りへGO!

実はここ、タッカンマリだけでなく焼き魚の専門店も並ぶ、超有名な通り。昼時は行列ができるほど賑わうそうなので、ちょっと時間をずらして行くのがポイント!
行き方:地下鉄1・4号線東大門(トンデムン、Dongdaemun)駅9番出口 徒歩5分
KONEST CHOICE!
元祖ウォンハルメ・ソムンナン・タッカンマリ
30年もの間、東大門で名を馳せてきた有名店。漢方を18時間煮込んで作るダシが決め手。

元祖ウォンハルメ・ソムンナン・タッカンマリ 詳細を見る
陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ
1978年創業。カナダやアメリカなど海外メディアにも多数取り上げられる味は本物。

陳玉華ハルメ元祖タッカンマリ 詳細を見る
焼き魚ならココ!
ホナムチッ(焼き魚食堂)
全羅南道・湖南(ホナム)出身の店主が切り盛りする炭火焼き魚店。リーズナブルな定食が人気。

ホナムチッ(焼き魚食堂) 詳細を見る
羅州食堂
羅州(ナジュ)から取り寄せた食材を使った素朴な魚料理を楽しめる店。

羅州食堂 詳細を見る
ピマッコル名店街(ルメイエル鍾路タウン内)(エリア:鍾路)
路地裏グルメの老舗店が集う
朝鮮時代、馬に乗った高官の通行時に庶民が路地裏に入り避けたことから名づけられた「ピマッコル(避馬通り)」。かつては光化門(クァンファムン)の一角にあり、庶民派食堂がひしめきあう路地裏グルメの王様でした。

しかし2010年、都市開発の影響でその姿を消し、ピマッコルにあったお店の多くは、地下鉄1号線鍾閣(チョンガッ)駅近くの複合ビル「ルメイエル鍾路タウン」に相次いで移転。
郷愁あふれるピマッコルの魅力は半減してしまったかもしれませんが、新天地で以前と変わらぬ味を提供する老舗店を訪ねる人は絶えません。

ピマッコル名店街 詳細を見る
行き方:地下鉄1号鐘閣(チョンガッ、jonggak)駅1番出口 徒歩5分
KONEST CHOICE!
美進(ミジン)
1954年から続く蕎麦料理店。蕎麦と相性のいいポッサムも人気メニュー。

美進(ミジン) 詳細を見る
清進屋
ソンジ(牛の血を固めたもの)の入った「ヘジャングッ(酔い覚ましスープ)」の超有名店。

清進屋 詳細を見る
楽園洞うまいもん横丁(エリア:鍾路)
ソウルの下町に残る素朴なグルメ通り
楽園(ナグォン)楽器商街付近は、隣接する仁寺洞(インサドン)の賑わいとは少し種類の異なるソウルの下町。楽園洞(ナグォンドン)というこの界隈は、伝統餅店、アグチム(アンコウの蒸し煮)、ヘジャンクッ店が多く、それぞれのお店が集まって通りを形成しています。

素朴でどこか懐かしい町の空気を味わいながら、長年この地で営業してきた老舗店の名物グルメを味わって。
楽園洞うまいもん横丁 詳細を見る
行き方:地下鉄1・3・5号線鍾路3街(チョンノサムガ、Jongno3(sam)-ga)駅の5号線側5番出口すぐ
KONEST CHOICE!
楽園トッチッ
大統領府・青瓦台(チョンワデ)の御用達店として知られる由緒ある餅屋。

楽園トッチッ 詳細を見る
元祖馬山アグチム 鍾路本店
柔らかくて美味しい生のアンコウを使用。天然唐辛子が絶妙な辛さのポイント。

元祖馬山アグチム 鍾路本店 詳細を見る
ユジン食堂
1953年創業。常連客で年中賑わう、ソルロンタン冷麺で評判の食堂。

ユジン食堂 詳細を見る
広蔵市場「うまいもん通り」(エリア:鍾路)
活気あふれるディープコリアを味わおう!
ソウルでも3本の指に入る鍾路のジャンボ市場、広蔵市場(クァンジャンシジャン)。こちらの市場で韓国人はもちろん、外国人観光客にも人気なのが、屋台が連なる「うまいもん通り」。

何が何でも外せない必食屋台グルメから、しっかり食事とお酒を満喫できるお店まで、多くの飲食店が集まっています。
広蔵市場「うまいもん通り」 詳細を見る
行き方:地下鉄1号線鍾路5街(チョンノオーガ、Jongno 5(o)-ga)駅8番出口 徒歩1分
KONEST CHOICE!
スニネピンデトッ
目の前で焼かれるアツアツのピンデトッ(緑豆ベースの生地に野菜などを入れた韓国風お好み焼き)が人気。
モニョキムパッ(元祖麻薬キムパッ)2号店
具はニンジン、たくわんとシンプルなのに、麻薬のようにくせになる美味しさで評判のキンパッ。

モニョキムパッ(元祖麻薬キムパッ)2号店 詳細を見る
チャメチッ
国産牛肉を使用したユッケやセンマイ、生レバーを10,000ウォンぽっきりで味わえる店。

チャメチッ 詳細を見る
コルベンイ通り(エリア:乙支路)
ビールのお供に最適なツブ貝料理
明洞(ミョンドン)の隣、乙支路(ウルチロ)に位置。コルベンイとは、ツブ貝と訳される、サザエやタニシに似ている巻き貝のことです。

韓国の居酒屋などでは、コルベンイとそうめんの和え物がよく出てきますが、コルベンイ通りの店では、コルベンイを大量の千切りネギに絡め、唐辛子の粉とおろしニンニクで和えたものが主流。各店共通で出てくる無料の卵焼きもファンが多い秘密です。

コルベンイ通り 詳細を見る
行き方:地下鉄2号線乙支路3街(ウルチロサムガ、Euljiro3(sam)-ga)駅12番出口 徒歩1分
KONEST CHOICE!
ヨンドンコルベンイ
1968年創業。表通りから少し入った狭い路地の中にあるお店は3階建て。吟味された材料で作られるコルベンイは、唐辛子、ニンニク、ネギの辛さが貝の甘みと合わさって、ビールに最適のおつまみ。地下鉄駅からも近く、店内では会社帰りのサラリーマンたちが遅くまで杯を交わします。

ヨンドンコルベンイ 詳細を見る
武橋洞ナッチ横丁(エリア:光化門)
辛いもの好きにはたまらない、タコの激辛炒め
赤いソースが絡まった激辛のタコ炒め「ナッチポックム」。食欲がないときや、ストレス解消にパーっと飲みたいとき、人気の料理です。激辛韓国料理の代表格として知られ、辛い分だけお酒が進みます。

「武橋洞ナッチ横丁」の名称で知られますが、一帯の再開発のため、かつてピマッコル周辺にあった店舗は「ピマッコル名店街」に移転しました。現在は光化門(クァンファムン)駅と鐘閣(チョンガッ)駅の間、清渓川(チョンゲチョン)沿いに数店あります。
武橋洞ナッチ横丁 詳細を見る
行き方:地下鉄5号線光化門(カンファムン、Gwanghwamun)駅4・5番出口 徒歩5分
KONEST CHOICE!
ナッチセンター
ナッチコルモクの一番北に位置。おばあさん社長が切り盛りしていて、客入りもいいお店。

住所:鍾路区(チョンノグ) 清進洞(チョンジンドン) 265
電話:02−734-1226~7
チョッパル通り(エリア:奨忠洞)
美容・健康にGOOD!韓国式豚足
タマネギと生姜ベースの特別なダシでコトコト煮込んだチョッパル。香ばしい匂いと柔らかい歯ごたえ、そしてゼラチン部分にたっぷり詰まったコラーゲンが体にいいと人気です。

奨忠洞(チャンチュンドン)のチョッパル通りは、1950年に勃発した朝鮮戦争の直後に誕生したそう。約50mの間にチョッパル店が数店並びます。ほとんどの店が開業当時から使用している秘伝のダシを代々受け継いでいるのが特徴です。

チョッパル通り 詳細を見る
行き方:地下鉄3号線東大入口(トンデイック、Dongguk Univ.)駅3番出口 徒歩1分
KONEST CHOICE!
元祖1号・奨忠洞ハルモニチッ
チョッパル通りの中でも特に有名な店。韓国のメディアでも数え切れないほど紹介されています。先代のハルモニ(おばあちゃん)が始めた「元祖中の元祖の店」と言われるだけあり、いつもお客さんでいっぱい。スライスされたチョッパルを、エビの塩辛のタレに付けたり、サンチュに包んで食べます。

元祖1号・奨忠洞ハルモニチッ 詳細を見る
テグタン通り(エリア:三角地)
魚の旨みをたっぷり味わえる鍋料理
テグタンとは、タラのあらとセリやモヤシなどたっぷりの野菜を唐辛子の赤いスープで煮込んだ鍋料理。鍋をあらかた食べつくしたら、麺を入れたり、残りのスープとご飯を炒めて焼き飯にしたりと、最後まで美味しく味わえるのが魅力です。

テグタン通り 詳細を見る
行き方:地下鉄4・6号線三角地(サムガッチ、Samgakji)駅1番出口すぐ
KONEST CHOICE!
元(ウォン)テグタン
1978年オープン、ソウル市外にも支店を持つ老舗。強い火力で調理されたタラは身が引き締まっていて淡白な味わい。テグタンのほか、唐辛子を使わないチリ(日本語のちりと同じ)もあり、辛いものが苦手な方にはこちらがおすすめ。

元(ウォン)テグタン 詳細を見る
ソウル東部
焼肉横丁(エリア:馬場洞)
新鮮な牛肉を手頃に食べられる
ソウルの畜産物流通の中心地である馬場洞(マジャンドン)畜産物市場。その昔、韓国各地から運ばれた牛や豚がこの地で売買され食肉に加工されていたことが発展の由来です。市場のすぐ脇には、手頃な価格で牛肉を食べられる大小30あまりの焼肉店が並ぶ路地があります。

ほとんどの店で昔ながらの練炭を使っているのが特徴で、高級肉からホルモンまで多彩な牛肉を味わえます。食肉流通の拠点らしく、店名に韓国各地の地名を冠している店が多いのも面白い点。
焼肉横丁 詳細を見る
行き方:地下鉄5号線馬場(マジャン、Majang)駅2番出口 徒歩15分
KONEST CHOICE!
ホナムチッ
気さくなアジュンマ(おばさん)が切り盛りする焼肉店。チマサル(牛バラ腹部)やサルチサル(霜降り牛ロース)など、1頭の牛からわずかしか取れない希少な部位を味わえるのが魅力。

ホナムチッ 詳細を見る
トッポッキタウン(エリア:新堂洞)
子どもから大人までみんな大好き、おやつの代表格
元来、トッポッキは醤油ソースで作る宮廷料理でしたが、今では屋台などで手軽に食べられる間食として大人気。

その「間食トッポッキ」発祥地が新堂洞です。1953年にマ・ボンリムさんが間食トッポッキを編み出し、新堂洞でリヤカーを引いて売り出したのが始まり。以後周囲にトッポッキ専門店が集まって「トッポッキタウン」と呼ばれるようになりました。

トッポッキタウンの店は、マ・ボンリムさんの編み出した「チャジャン(炸醤・ジャージャー麺のソース)+コチュジャン」という伝統スタイルに基づきつつも、独自の味を生み出しています。

トッポッキタウン 詳細を見る
行き方:地下鉄2・6号線新堂(シンダン、Sindang)駅8番出口 徒歩5分
KONEST CHOICE!
マ・ボンリム ハルモニチッ
間食トッポッキの産みの親、自他ともに認める元祖店。こちらのトッポッキは辛めですが、それでも箸が向かうのは秘伝ソースの魔力でしょうか?老舗らしくトッポッキタウンを入ってすぐのところに店を構え、創業主であるマ・ボンリムおばあちゃんの看板が迎えてくれます。

マ・ボンリム ハルモニチッ 詳細を見る
建大うまいもん横丁(エリア:ソウル東部)
居酒屋、焼肉屋、バーが揃う一大飲み屋街
韓国の大学付近には賑やかな学生街がつきものですが、中でも規模、店数、そして賑やかさで群を抜くのが、建国(コングッ)大学の西側に広がる「建大(コンデ)うまいもん横丁」。

伝統家屋を意識した民俗居酒屋や焼肉店をはじめとした食堂、バーなどが通りを埋め尽くします。また、ノレバンと呼ばれるカラオケ店やPCバン(ネットカフェ)など、学生たちがよく行くプレイスポットも豊富で、毎日朝まで喧騒が聞こえる若者中心の飲み屋街です。
建大うまいもん横丁 詳細を見る
行き方:地下鉄2・7号線建大入口(コンデイック、Konkuk Univ.)駅1・2番出口すぐ
KONEST CHOICE!
しあわせ
日本酒、ビール、焼酎、梅酒など、日本のお酒を豊富に取り揃えた和風居酒屋。お好み焼きや焼きうどん、冷しゃぶサラダなど、おつまみも日本の料理が勢ぞろい。日本語を母国語とする店員もいて、懐かしい日本の居酒屋の雰囲気に浸れるお店。

しあわせ 詳細を見る
ソウル西部
テジカルビ・チュムルロッ通り(エリア:麻浦)
肉好きなら外せない!質・量ともに満点
ソウル西部麻浦(マポ)は、かつて船着場や電車の終着駅があり、労働者や庶民で賑わう大衆飲み屋が多かったそう。それらの店が現在まで続き、通りを形成しています。

名物はテジカルビ(豚カルビ)とチュムルロッ(たれを揉みこんだ牛肉)。他エリアの店に比べてボリュームがあり、肉質にこだわった名店が多いのが特徴です。

テジカルビ・チュムルロッ通り 詳細を見る
行き方:地下鉄5号線の麻浦(マポ、Mapo)駅1番出口 徒歩1分
KONEST CHOICE!
チェデポ(崔大匏)
「テジカルビ・チュムルロッ通り」からは少し離れていますが、焼肉で有名な麻浦において要チェックのお店。豚焼肉の専門店として1949年に開業した老舗中の老舗です。門外不出の秘伝タレが人気の秘密。類似店が続々と出没したことから、店名の頭に「真の元祖」と付けるようになったとか!

チェデポ(崔大匏) 詳細を見る
チョッパル・チヂミ横丁(エリア:孔徳)
食事もお酒もススム、2大人気グルメ
地下鉄5・6号線孔徳(コンドッ)駅から歩いてすぐの場所にある孔徳市場。この在来市場内の路地には2つのグルメ横丁が潜んでいます。

ひとつは、韓方スープで煮込まれた大きな豚足に迎えられるチョッパル横丁、そしてもうひとつは、数十種類のティギム(天ぷら)とジョン(韓国風ピカタ)がずらりと並ぶチヂミ横丁。

リーズナブルでサービス満点のチョッパル横丁、年中無休・24時間営業のチヂミ横丁、ともに夕方~夜ともなると、どこの店も地元の会社員で大賑わい!

チョッパル・チヂミ横丁 詳細を見る
行き方:地下鉄5・6号線孔徳(コンドッ、Gongdeok)駅5番出口 徒歩1分
KONEST CHOICE!
ソムンナンチッ
飾らない店構えの庶民派食堂。韓国産豚肉を使用し特製スープで煮込んだチョッパルは飴色に輝く一品。

ソムンナンチッ 詳細を見る
元祖麻浦ハルモニピンデトッ
チヂミ横丁の元祖となった店。マッコリやトンドンジュ(どぶろく)片手につまみたいメニューが勢ぞろい。

元祖麻浦ハルモニピンデトッ 詳細を見る
線路沿い焼肉通り(エリア:新村)
昔ながらの情緒とモダンが共存する通り
新村(シンチョン)から弘大(ホンデ)へ向かう途中の路地を進むと、500mほどの通りに古めかしくも情緒漂う焼肉屋が並びます。

今は廃線になった線路の踏切が交差するこの通りは、新村、弘大の喧騒を逃れて流れてきた若者たちが焼酎とサムギョプサルで夜を明かすスポットとして有名。

焼肉屋に混じってバーや民俗酒屋などもあり、昔ながらの情緒とモダンな雰囲気が入り混じった不思議な空気を醸し出しています。

線路沿い焼肉通り 詳細を見る
行き方:地下鉄2号線新村(シンチョン、Sinchon)駅8番出口 徒歩10分
KONEST CHOICE!
チョルキル王カルビサル
小さく古い店が多い線路沿い焼肉通りで、一際大きく目立つ店。味付けカルビなどの牛肉メニューのほか、オギョプサル(五枚肉)、モッサル(首肉)などの豚肉メニューがあります。芸能人の来店も多く、店内にはところせましとサインが張られています。

チョルキル王カルビサル 詳細を見る
スンデタウン(エリア:新林洞)
一度食べたらクセになる、韓国版ソーセージ
スンデは韓国版ソーセージ(豚の腸詰め)。豚の腸をきれいに洗い、中にチャプサル(もち米)や刻んだ野菜などを入れて蒸したものです。見た目と独特の味から苦手な人が多い一方で、一度食べるとクセになるという、スンデマニアも多いんです。

ソウルでスンデと言ってすぐに名があがるのが、ソウル大学の近く、新林洞(シルリムドン)のスンデタウン。その中心が2つのスンデビル、「ヤンジ民俗スンデタウン」と「ヤンジ・スンデ村」です。「タウン」とは思えない普通のビルですが、約100の店舗がしのぎを削りあっているというから驚き。

行き方:地下鉄2号線新林駅(シルリム、Sillim)駅3番出口 徒歩5分
KONEST CHOICE!
サムチョンネチッ
「スンデタウン」の4階にあり、内装は日本の昔ながらのお好み焼き屋のよう。気楽に立ち寄れる雰囲気です。メニューはコチュジャンソースで炒めた真っ赤なスンデコプチャン(一般的にはスンデポックムという)と、コチュジャンソースを加えずただ炒めたペクスンデ(白スンデ)の2つ。

サムチョンネチッ 詳細を見る
江南エリア
カンジャンケジャン横丁(エリア:新沙洞)
「ご飯泥棒」の異名を持つ絶品カニ料理
ワタリガニを醤油漬けにした「カンジャンケジャン」は、ご飯との相性バツグンで「ご飯泥棒」の異名を持つほど!

新沙洞(シンサドン)はもともと「アグチム(アンコウの蒸し煮)通り」と呼ばれ、アグチムの店が多かったのですが、その店々がこぞって「カンジャンケジャン」を取り扱い始め、アグチムよりも有名になってしまったとか。値段は決して安くはありませんが、一度は食べる価値ありです!

行き方:地下鉄3号線 新沙(シンサ、Sinsa)駅4番出口 徒歩1分
KONEST CHOICE!
プロカンジャンケジャン
カンジャンケジャン横丁の人気の火付け役となった店。5日間漬け込んだカニは、濃厚な旨みと上品な甘さ。

プロカンジャンケジャン 詳細を見る
元祖馬山ハルメアグチム
オーナーは慶尚南道(キョンサンナムド)馬山(マサン)出身。親子代々伝わってきた製法で作られるカンジャンケジャンが人気。

元祖馬山ハルメアグチム 詳細を見る
「うまいもん通り」にこそ、真の韓国大衆グルメあり!
お気に入りの料理、横丁は見つかりましたか?どこも地元密着型の横丁なので、日本語が通じないことも多く、注文や食べ方で苦労するかもしれません。

しかし、そこは「郷に入らば郷に従え」!味を堪能するだけでなく、雰囲気までどっぷり韓国の大衆文化につかってみてください。横丁にこそ、真の韓国グルメが潜んでいるのです!
その他の特集記事 もっと見る
  最終更新日:10.06.23
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
韓国料理ガイド
韓国グルメ特集記事
旬のモノを食べたい!(26)
韓国のうまいもん横丁(31)
グルメテーマ特集(118)
初心者のためのモデルプラン(12)
その他の特集記事リスト  
お客様の声 グルメ 最新クチコミ
並んでませんでした!
YELLOW CAFE
美味しかったです!!
the ジングッ 東大門店
美味しい~!!
プルタヌンコプチャン 本館
もっと見る  
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]