韓国旅行「コネスト」 ソウルで必ず食べたい老舗の韓国冷麺 | 旬のモノを食べたい!
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国グルメ > 特集記事 > 旬のモノを食べたい! > ソウルで必ず食べたい老舗の韓国冷麺

ソウルで必ず食べたい老舗の韓国冷麺

お気に入りに追加 (登録者 : 198人) 印刷する
老舗で味わう夏の風物詩韓国冷麺
日本でもお馴染みの韓国冷麺(ネンミョン)。もともとは寒い季節にオンドル(韓国式床暖房)の上で食べる以北の冬の料理だったと言われますが、朝鮮戦争(1950~1953年)後に南の韓国でも食べられるようになってからは、すっかり韓国の夏の風物詩として定着しています。
地元韓国人が認める創業何十年クラスの有名老舗店も多数!絶品と名高いソウルの韓国冷麺専門店をご紹介します!
老舗は平壌冷麺・咸興冷麺に大別!
韓国冷麺は、朝鮮時代(1392~1910年)に現在の北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)にあたる朝鮮半島北部の平壌(ピョンヤン)と咸興(ハムン)で発達したとされます。地域性と風土の違いから麺に入る材料が異なるため、専門店であるほど平壌冷麺か咸興冷麺かを看板にかかげるのが一般的です。

食材に合わせて平壌冷麺=水冷麺(ムルネンミョン)、咸興冷麺=混ぜ冷麺(ピビンネンミョン)が伝統的とされていますが、どの専門店でも水冷麺・混ぜ冷麺ともに食べられます。
せっかく韓国で食べるなら、それぞれの専門店へ行って食べ比べてみるのもよいでしょう。
平壌冷麺=水冷麺(ムルネンミョン)
平壌冷麺(ピョンヤンネンミョン)は、そば粉に緑豆粉を少々加えた比較的柔らかい麺が特徴です。伝統的には牛肉や鶏肉、キジ肉などでとったダシにトンチミ(大根の水キムチ)の汁を加えたシンプルなスープスタイルとなっています。薄切りの牛肉や大根、梨、ゆで卵などの具をのせ、カラシと酢を加えて食べます。
韓国ナンバーワンの呼び声が高い冷麺専門店
韓国国会議員や芸能人もわざわざ足を運び、「韓国一美味しい」と名高い冷麺の有名店が、麻浦(マポ)エリアに1966年にオープンした「乙密台(ウルミルデ)」。朝鮮戦争時に南側に渡った初代が平壌の味を忠実に再現した冷麺を、50年以上変わらず提供し続けています。
麺の成分は蕎麦70%、サツマイモ30%。牛骨と野菜などでダシをとったスープはコクがあり、酸味がありません。


乙密台>>
一度味わうと忘れられない?常連の多い冷麺店
1948年に朝鮮半島北部の平安南道(ピョンアンナムド)・江西(カンソ)で創業後、韓国に渡ってからも3代にわたって本場の平壌冷麺の味を守リ続ける老舗「江西麺屋(カンソミョノッ)」。本店は市庁(シチョン)に、分店は狎鴎亭(アックジョン)にあります。
麺は、江原道(カンウォンド)・蓬坪(ポンピョン)の上質な蕎麦を使用。スープは、創業以来同じ方法で作り続けており、ダシを韓牛(ハヌ、韓国在来種の牛)からとっているということ以外は秘伝中の秘伝とか。

江西麺屋 分店>>
昼時には長蛇の列をなす人気店
南大門市場(ナンデムンシジャン)内に位置する「プウォン麺屋(ミョノッ)」は、1960年創業の老舗店。朝鮮半島北部で食べられていた冷麺の味を懐かしむ年配者が、故郷の味を求めてお店に訪れます。見つけづらい場所にありますが、連日多くの人が列を作ります。
自家製の麺は平壌冷麺の中でも比較的柔らかめで太いのが特徴。牛の膝肉などを一晩煮込んで作るスープは、酸味のあるすっきりとした味わいです。食後はあたたかいそば湯のサービスも。

プウォン麺屋>>
水キムチが決め手の上品な冷麺
食の都として有名な朝鮮半島北部の平安道(ピョンアンド)の代表料理が楽しめる市庁エリアの「南浦麺屋(ナムポミョノッ)」は、創業40年以上の老舗。
麺は蕎麦粉の割合が高く、口の中でふわっと香るのが特徴です。スープは基本の牛肉ダシにお店特製のトンチミを合わせます。じっくり漬け込まれた秘伝のトンチミが隠し味となり、上品ながらも奥深い味わいに仕上がっています。

南浦麺屋>>
人情厚い庶民派食堂の絶品冷麺
朝鮮半島北部・平安南道(ピョンアンナムド)出身の一代目が両親の味を再現しようと1953年に創業し、以来半世紀以上多くのお客さんで賑わい続ける鍾路(チョンノ)の「ユジン食堂」。
「100年前の味をそのまま」という一代目のポリシーを守り、人工調味料をほとんど使わず、秘伝の方法を守り続けています。
梨など10種類以上の果物と肉をじっくり煮込んで作られる冷麺のスープは、ほど良い酸味と甘みがあり、柔らかめの麺とよく合います。

ユジン食堂>>
咸興冷麺=混ぜ冷麺(ビビンネンミョン)
咸興冷麺(ハムンネンミョン)は、ジャガイモやサツマイモ、トウモロコシなどでん粉で作られ、麺に強いコシがあります。伝統的にはスープを作らず唐辛子ベースの辛口の混ぜダレを添えて食べ、冷麺の温かい茹で汁がつきます。ガンギエイやカレイなどの刺身を添えたフェネンミョンも、咸興冷麺のひとつです。
刺身冷麺が大人気!有名冷麺通りの先駆け店
咸興の隣・興南(フンナム)出身の一代目が1953年に創業した「五壮洞興南チッ(オジャンドンフンナムチッ)」は、乙支路(ウルチロ)にある「五壮洞咸興冷麺通り」の先駆け的存在。
自家製麺は糸のように極細ながらも強いコシがあり、つるっとしたのど越しが楽しめます。韓牛の牛骨と肉を煮込んでとったダシに自家製しょうゆを加えたスープは、あっさりとしていながらもコクがあり、辛口ダレ(ヤンニョムジャン)とも相性抜群です。

五壮洞興南チッ>>
観光地・明洞で根強い支持を得つづける「無添加」冷麺
3代変わらぬ味を守り続けている明洞(ミョンドン)の咸興冷麺専門店「明洞咸興麺屋(ミョンドンハムンミョノッ)」。咸興出身の初代オーナーが、故郷を思いながら1973年に開業しました。
コシのある細めの麺は、さつまいものでん粉のみで作っており、スープに絡みやすく噛めば噛むほど奥深い味が広がります。

明洞咸興麺屋>>
五壮洞で冷麺といえばここ?
咸興の隣、興南出身の女性が1955年に乙支路エリアの五壮洞で創業した「五壮洞咸興冷麺(オジャンドンハムンネンミョン)」は、五壮洞で一、二を争う老舗店。創業当初は屋号もない小さなお店でしたが美味しさが評判となり、人々が勝手に「五壮洞咸興冷麺」と呼び始めたことから、そのまま屋号になったそう。
サツマイモのみで作られた細麺は、コシが強いのが特徴。牛でしっかりダシをとったスープは、さっぱりとした後味が癖になります。

五壮洞咸興冷麺 >>
東大門にも近接!ソウルの咸興冷麺に外せない名店
朝鮮半島北部出身の一代目が1953年に創業した後、1972年に2代目がお店を譲り受け、鍾路・広蔵市場(クァンジャンシジャン)付近で「元祖咸興冷麺(ウォンジョハムンネンミョン)」を開業しました。
創業者である一代目の故郷・咸興地方の冷麺がもつすっきりとした切れのある味をしっかりと守り続けています。真っ赤な辛口ダレはごま油が効いており、見た目よりも辛さは控えめ。スープは牛骨をベースにとったものを使用し、清涼感のある後味が特徴です。

元祖咸興冷麺 >>
その他の特集記事 もっと見る
  最終更新日:16.06.28
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
韓国料理ガイド
韓国グルメ特集記事
旬のモノを食べたい!(26)
韓国のうまいもん横丁(31)
グルメテーマ特集(118)
初心者のためのモデルプラン(12)
その他の特集記事リスト  
お客様の声 グルメ 最新クチコミ
美しい!芸術作品のようなパジョン!
ウォンジョ・ノクトゥ
牛里ガーデンの焼き肉の為に、ホテルも明洞に。。。
牛里ガーデン
イケメンcafe
#52LAB
もっと見る  
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]