韓国旅行「コネスト」 粉食(粉もの料理)|韓国料理・グルメガイド
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国グルメ > 韓国料理ガイド > 屋台・軽食 > 粉食

粉食

분식 / プンシッ 粉もの料理
お気に入りに追加 (登録者 : 6人)  印刷する
辛さレベル    ・価格帯 1,000~15,000ウォン
粉食(プンシッ)とは、チヂミやマンドゥ(蒸し餃子)、ラーメンといった小麦粉などを主な材料として作られる、いわゆる粉もの料理のこと。また一方で、粉ものではありませんが、キムパッ(海苔巻き)をはじめとした軽食類を指すこともあります。

主な粉食メニュー
街中にある粉食店(プンシッジョム)と呼ばれる軽食店では、各種海苔巻きを中心に、麺類やご飯類など手軽に食べられる食事を提供しており、価格も5,000ウォン前後と専門店に比べてリーズナブル。昼食はもちろん小腹が空いたときにもぴったりです。粉食のメニューは多様ですが、代表的なものをご紹介します。
一品料理
・チヂミ(부침개・전/プッチンゲ・ジョン) 【ガイドを見る】
・価格:10,000~15,000ウォン

ねぎやキムチが入った韓国風お好み焼きのこと。日本では「チヂミ」の名で親しまれていますが、韓国では油で焼いた食べ物全般を指す「プッチンゲ」、または小麦粉をまぶし焼き上げた料理を指す「ジョン」という名称が一般的です。用いる具材により様々な種類があり、ねぎと海産物がふんだんに入ったヘムルパジョンのほか、キムチを使ったキムチジョン、じゃがいもをすりおろして作るカムジャジョンなどがあります。専門店や居酒屋、屋台などで食べることができ、韓国の伝統酒マッコリやドンドンジュと特に相性が良い料理です。
好みでタレにつけて キムチジョン 熱々のチヂミにマッコリが合う
チヂミが食べられるお店リスト
・緑豆チヂミ(빈대떡/ピンデトッ) 【ガイドを見る】
・価格:5,000~10,000ウォン

緑豆チヂミ(ピンデトッ)は、水でふやかした緑豆を挽いたものに、ねぎ、肉、牡蠣などの具を入れて鉄板で焼いたもの。もともとは祭祀の膳にのせる肉の串焼きを高く盛り付けるための台の役割をするものでした。ピンデトッという名前の由来には、凶作時にお金持ちたちが貧しい人々に分け与えていたことから「貧者餅(ピンジャトッ)」と呼ばれ、それが後にピンデトッになったという説、ピンデトッ店の多い地域に南京虫(韓国語でピンデ)が多かったためピンデトッと呼ばれるようになったという説など諸説あります。

ピンデトッが食べられるお店リスト
・餃子(만두/マンドゥ) 【ガイドを見る】
・価格:3,000~5,000ウォン

「マンドゥ」は漢字で書くと饅頭となりますが、韓国では餃子のことをいいます。焼き餃子(クンマンドゥ)もありますが、マンドゥというと蒸し餃子を指すことが多く、お店によって丸い帽子型や耳型をしています。タネは豚ひき肉に豆腐や野菜を加えて練ったものが一般的。キムチが入らない「コギマンドゥ(コギは肉の意味)」とキムチ入りでピリ辛の「キムチマンドゥ」のほか、水餃子(ムルマンドゥ)や大ぶりのワンマンドゥなどの種類があります。マンドゥを使った料理としては餃子スープ(マンドゥクッ)や餃子鍋(マンドゥチョンゴル)があります。
油で揚げ焼きする焼き餃子 野菜たっぷりで淡白な味わい 餃子スープ(マンドゥクッ)
マンドゥが食べられるお店リスト
麺類
・ラーメン(라면/ラミョン) 
・価格:2,000~3,000ウォン

韓国ではラーメンというと即席ラーメンを指すことがほとんど。粉食店では、チーズや餅、餃子入りのラーメンなどがあり、キムパッ(海苔巻き)と一緒に注文する人が多いです。

・うどん(우동/ウドン)
・価格:3,000~5,000ウォン

韓国のうどんは日本に比べて麺が細め。だしは煮干でとることが多く、あっさりとした味です。具には、刻みねぎやカマボコ、あげ、てんかす等が入るのが一般的。鍋(ネンビ)に入って熱々の状態で提供されるネンビウドンもあります。

・カルグッス(칼국수/カルグッス) 【ガイドを見る】
・価格:4,000~6,000ウォン

小麦粉で作った、きしめんのような平たい麺が特徴。魚介や肉類でとったスープが、のど越しの良い麺によく絡みます。好みでダデギ(唐辛子で作った薬味)を加えて辛さを調節します。

カルグッスが食べられるお店リスト
・スジェビ(수제비/スジェビ) 【ガイドを見る】
・価格:5,000~7,000ウォン

水で練った小麦粉を手で平たくちぎって作る韓国風すいとん。肉や魚介類のスープで煮込みます。つるんとした喉越しと、弾力のある食感を楽しめるメニューです。

スジェビが食べられるお店リスト
・チョルミョン(쫄면/チョルミョン)
・価格:4,000~5,000ウォン

でんぷんが原料のコシのある麺に、少し酸味のあるコチュジャンダレ、もやし、きゅうりなどの野菜を盛った冷製麺。甘辛ダレとシコシコ麺がよく合う、さっぱりとした一品です。

間食類
・トッポッキ(떡볶이/トッポッキ) 【ガイドを見る】
・価格:2,000~3,000ウォン

細長い餅を甘辛いコチュジャンソースで煮こんだ、韓国の代表的な間食メニュー。インスタントラーメンを加えたラッポッキ(ラーメン+トッポッキ)も人気です。

トッポッキが食べられるお店リスト
蒸しパン(찐빵/チンパン)
・価格:1,000ウォン

チンパンは、小麦粉で作った生地で餡子や野菜などを包み、蒸しあげたもの。日本と比べて大きめで食べ応えがあります。

粉もの以外の料理
・海苔巻き(김밥/キムパッ) 【ガイドを見る】
・価格:1,000~3,000ウォン

ご飯と様々な具を海苔で巻いた韓国風海苔巻き。一口大で食べやすいため、時間がないときの食事やお弁当の定番メニューとして親しまれており、粉食店のほか、コンビニ、屋台、道端でも販売しています。小麦粉を使った料理ではありませんが、手軽に食べられる軽食メニューとして粉食に含められます。たくあん、ほうれん草、ハム、玉子、オデン(練り物)、にんじん、ごぼうなどが入ったスタンダードなもののほか、ツナ、牛肉、チーズ、野菜、キムチ入りなど、材料や巻き方によっていろんな種類があります。
ラーメンやトッポッキともベストコンビ 海苔を内側に巻いたヌードキムパッ
キムパッが食べられるお店リスト

上記のほか、粉食店の多くでは、チゲ類やビビンバ、トンカツ、ご飯に炒め物を添えたトッパッと呼ばれるメニューなど、粉もの料理に加えて多様な軽食類が揃います。

コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
初心者のためのモデルプラン
コレを食べなきゃ始まらない!ビギナー必見、韓国定番グルメを攻略
辛い食べ物特集
韓国旅行に行ったら外せない辛い料理。ありとあらゆる旨辛メニューを一挙紹介!
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]