韓国旅行「コネスト」 サウナ・チムジルバン|韓国エステ・ビューティガイド
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
秋夕(チュソク)の連休、旅行プランに迷ったら?
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 エリアガイド グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国エステ・ビューティ > エステガイド > チムジルバン > サウナ・チムジルバン

サウナ・チムジルバン

사우나・찜질방 / サウナ・チムジルバン
お気に入りに追加 (登録者 : 37人)  印刷する
サウナはモギョッタン(沐浴場)とも呼ばれ、大浴場がメインの銭湯のような施設です。一方チムジルバンは日本のスーパー銭湯のように、何種類ものお風呂やサウナを楽しめます。男女一緒にくつろげるスペースや食堂も備えており、旅の疲れを癒しながら韓国ならではの雰囲気に浸れる人気スポットです。
どこにあるの?
韓国の家庭では普段はシャワーで簡単に入浴を済ませるのが一般的なので、週に1回程度「サウナ」や「チムジルバン」に通う人が多いです。地元密着型の「サウナ」は、看板の温泉のマークなどを目印とし、街中の至る所にあります。利用時間はそれぞれ異なりますが、6:00~21:00が目安。「チムジルバン」は、繁華街や学生街にも多く、ほとんどの施設が24時間営業で、「SPA(スパ)」と名前を付けているところもあります。
「サウナ」は温泉マークや日本の床屋のようなサインポールが目印 洋風造りの施設などコンセプトもいろいろある「チムジルバン」
利用方法と必要な持ち物
・利用方法
「サウナ」と「チムジルバン」共に、受付で料金を支払い、タオルや専用服、ロッカーの鍵などを受け取ります。ロッカーの鍵で館内施設の食事等の支払いを済ませる場合もあるので、紛失には気をつけましょう。受付が済んだらロッカールームへ移動し、あとは施設内で自由に過ごせます。男女で「チムジルバン」に来た場合は、別々になる前に館内での待ち合わせ場所を決めておくと良いでしょう。
到着したら受付で料金を支払います 専用服やタオルをもらいます ロッカーに荷物を置いたら思い思いにくつろいで
・料金
1回の利用料金は「サウナ」は5,000~6,000ウォン、「チムジルバン」は7,000~12,000ウォンのところが多く、施設によって夜間、日中と料金が異なります。その他、アカスリやマッサージなどを受ける場合は別途料金がかかります。
・必要な持ち物
タオルや専用服は利用料金に含まれています。大浴場には石鹸がありますが、シャンプーやリンスなどは設置されていません。でも、売店でこれらのものを販売しているので、手ぶらで来ても大丈夫です。また、脱衣所には化粧水や乳液も置いてありますが、肌に合わない恐れもあるので、心配な人は持って来た方が良いでしょう。コイン式のドライヤーもあり、髪を乾かすことができます。(大体有料で1分100ウォン)
浴場には石鹸のほか歯磨き粉が置いてある施設が多い 脱衣所の売店 使いきりタイプのシャンプーやクレンジング、アカスリタオルが購入可能
主な施設
「サウナ」は大浴場のみを利用する施設が多く、お風呂とサウナがメイン。「チムジルバン」は、数種類のお風呂やサウナ、専用服を着て楽しむ娯楽施設などが利用できます。
・お風呂
一般のお風呂と水風呂に加え、高麗人参風呂、ハーブ風呂、ひのき風呂など、変り種のお風呂がある施設も。
大きなお風呂で旅の疲れも癒されそう 湯冷ましにぴったりの冷水ジャグジー。
水風呂は大体どの施設でも大きく作られています
・サウナ
サウナと言うと高温で蒸し暑いというイメージがありますが、韓国では40~70度の低温サウナが多く、黄土サウナ、紫水晶(アメジスト)サウナ、塩サウナ、炭サウナなど、様々なサウナを楽しめます。このようなサウナをもともとチムジルバンと言い、大型施設の「チムジルバン」では専用服を着て男女一緒に入れるサウナが揃います。また、汗蒸幕(ハンジュマク)と言われる黄土や粘土で造られたドーム型の窯で松の木を炊いて熱するサウナを楽しめる施設もあります。
黄土サウナ
黄土から放出される遠赤外線が新陳代謝・血液循環の促進に良い
塩サウナ
床や壁が岩塩で作られ、じわじわ汗をかくことができます
汗蒸幕
大体100度以上なのでたくさん汗をかきたい人におすすめ
・その他の施設
「チムジルバン」は、幅広い年齢層の人たちのくつろぎスポットとして、お風呂やサウナ以外にも、食堂、売店、PCルーム、フィットネスルーム、美容・エステルーム、喫煙室、睡眠室などが揃う施設が多いです。すべて専用服を着たまま入れるのでリラックス感抜群。男女が一緒に楽しめるので「チムジルバン」をデートに利用するカップルもいます。
休憩スペース マッサージ機 食堂 PCルーム
サウナ・チムジルバンのあれこれ
・ヤンモリって?
韓国ドラマの中でもサウナなどのシーンで度々登場するヤンモリ(羊の頭)。タオルを羊の頭のように巻くスタイルで、「私の名前はキム・サムスン」で キム・ソナがかぶって以来ブレイクしたとか。韓国特有のチムジルバンスタイルとして定着しています。
・おやつの定番は?
普段はあまり口にしなくても、「チムジルバン」で食べたくなるものと言えば、シッケとゆで卵。どちらも栄養価が高く、サウナなどで大量に汗をかいたあとに食べるのに良いとされています。「チムジルバン」の休憩スペースでゴロゴロしながらつまむのはもちろん、浴槽に浸かりながら食べている人もいます。シッケは2,000~3,000ウォン、ゆで卵は3個で1,000ウォン~2,000ウォンというのがほとんど。
「チムジルバン」のおやつと言ったらこれ くつろぎながら食べたり飲んだり・・・
・見られても恥ずかしくない?!
「サウナ」や「チムジルバン」では別途料金を支払うとアカスリを体験できます。大浴場にアカスリスペースがあり、テミリアジュンマ(アカスリおばさん)と言われるアカスリ専門スタッフ(大体は熟練の年配女性)が担当します。地元の施設は仕切りのカーテンがなく、横の人が丸見えですが、恥ずかしいなどとは言っていられない雰囲気!その場で現金支払いとなり、アカスリだけの場合15,000~25,000ウォン程度です。
・「チムジルバン」にご宿泊?!
「チムジルバン」は、夜中まで遊んだりした人が休憩に利用するケースもあります。家に帰るタクシー代よりも安く、横になって寝れるスペースや食堂などの施設もあり快適だとか。睡眠スペースも、男女別の部屋や共同スペース、仕切りに分かれているなど色々なタイプがあります。
睡眠室には、ビニールのシート&枕が 周りの人が気にならない独房タイプも

この施術を受けることができるお店 お店リスト
VESTAリゾート ウリ硫黄温泉 Four Season サウナ 虚心庁(ホテル農心併設温泉) ドラゴンヒルスパ
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 韓国の交通
エステのご予約はコネストで
営業時間・お問い合わせ
予約の流れ
利用規約
エステQ&A
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2014 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]