韓国旅行「コネスト」 EMS(国際スピード郵便) | 韓国旅行基本情報
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン

EMS(国際スピード郵便)

EMS(국제특급우편)
 ―  (0件) お気に入りに追加(614人)  印刷する
ショッピング天国韓国!ついつい買いすぎてしまった、留学が終わって大量の荷物で溢れている…。
そんな時、便利なのが郵便局の宅配サービスのひとつであるEMS(Express Mail Service、国際スピード郵便)です。

普通郵便より早く届きます。しかも物品の紛失・破損時の補償付きでインターネットからの追跡も可能な為、早く・安全・確実に送りたい場合にお勧めです。

郵便・宅配サービス >>
EMS料金表
※2015年7月1日改正
重量 料金(ウォン) 重量 料金(ウォン)
非書類 書類 非書類 書類
~0.3kg - 11,800 ~15.5kg 60,800 -
~0.5kg 17,900 13,600 ~16.0kg 62,100
~1.0kg 19,800 16,300 ~16.5kg 63,400
~1.5kg 22,100 19,800 ~17.0kg 64,800
~2.0kg 25,200 23,100 ~17.5kg 66,100
~2.5kg 26,600 - ~18.0kg 67,400
~3.0kg 27,900 ~18.5kg 68,700
~3.5kg 29,300 ~19.0kg 70,000
~4.0kg 30,600 ~19.5kg 71,300
~4.5kg 31,900 ~20.0kg 72,700
~5.0kg 33,200 ~20.5kg 74,000
~5.5kg 34,600 ~21.0kg 75,300
~6.0kg 35,900 ~21.5kg 76,600
~6.5kg 37,200 ~22.0kg 77,900
~7.0kg 38,400 ~22.5kg 79,300
~7.5kg 39,600 ~23.0kg 80,600
~8.0kg 41,000 ~23.5kg 81,900
~8.5kg 42,300 ~24.0kg 83,200
~9.0kg 43,700 ~24.5kg 84,500
~9.5kg 45,000 ~25.0kg 85,600
~10.0kg 46,300 ~25.5kg 86,900
~10.5kg 47,600 ~26.0kg 88,000
~11.0kg 49,000 ~26.5kg 89,300
~11.5kg 50,300 ~27.0kg 90,500
~12.0kg 51,600 ~27.5kg 91,700
~12.5kg 52,900 ~28.0kg 92,800
~13.0kg 54,100 ~28.5kg 94,100
~13.5kg 55,500 ~29.0kg 95,300
~14.0kg 56,800 ~29.5kg 96,600
~14.5kg 58,200 ~30.0kg 97,600
~15.0kg 59,500
EMSで送れる物・送れない物をチェック!
国際郵便にはいろいろなルールがあります。荷物が税関で引っかかってしまうと自分で取りに行かなければならず、最悪の場合、荷物を受け取れなくなる可能性もでてきてしまいます。未然に防ぐために確認してから送るようにしましょう。
荷物の大きさ・重さ制限
大きさ:最長1.5m、長さ+(高さ+幅)×2=3m以内で一辺の長さが1.5mを超えないこと
重さ:30kgまで
※日本に送る場合(受け取る国により条件は異なります)
郵送禁止物品
万国郵便連合(UPU)で定められている禁止物品。

麻薬類、爆発性・可燃性の危険があるもの。また、危険な物質、放射性物質、わいせつな物品、生きた動物など。これらの中には私たちの生活の中で何気なく使っているヘアスプレー、ライターなども含まれています。さらにEMSでは、お金やクレジットカード、通帳のような貴重品も禁止されているので注意しましょう。

詳細は、以下を参照ください。
・税関「輸出禁止・規制品目」 >>
・日本郵便「国際郵便として送れないもの」 >>
・韓国郵便「送れる物送れない物」(韓国語) >>
発送方法
包装準備
EMSは韓国全国の郵便局で取り扱っています。
韓国旅行しながら増えていったお土産たちを送る事ができるのも便利な点です。急な時でも郵便局では包装用の箱や封筒を取り扱っています。箱の種類は1号(400ウォン)から6号(2,400ウォン)まで取り揃えていて、荷物に合わせて選ぶことができます。

その他、必要なテープやはさみ、カッターなども常備しているので買い物の途中でも立ち寄ることができます。もちろん、箱は持参してもOK。
伝票を書く
EMSを送る場合は専用の伝票に記入していきます。

通関の必要性により、受付番号の頭文字「EE(通関不要、主に書類)」と「EM(要通関、小包)」に分かれますので、送るものにより伝票を使い分けなければなりません。
(1)送り人の情報
電話、名前(英語)、住所(英語もしくは韓国語)を記入。発送人の住所は韓国の住所でなければなりません。滞在先の住所を書いておきましょう。

(2)受け取り人の情報
電話、名前(英語)、住所(日本語でも良い)を記入。

(3)税関申告書(品目名、個数、重量、金額)
旅行のお土産を送る場合、税関申告書の品名の一番上には、「別送品(Unaccompanied Baggage)」と記載します。(詳しくは、記事内別送品申告を参照)
送る内容物に関しては英語で書かなければなりません。よく使用する言葉についてはこちらをご参考ください。
・ 郵便局ホームページ(日本):内容物の英語訳一覧 >>
・ 郵便局ホームページ(韓国):重要物品英文表記一覧 >>

(4)何番目の箱なのか
箱が複数になった場合は必ず記入しましょう。

(5)サイン
窓口に持って行き、料金を支払う
パッキングが済んだら窓口で手続きをします。
料金は重さによって異なるので重さを量ってもらい、料金を支払います。

受付は郵便局ごとに時間が制限されており、締め切り以降の受付分については、翌日配送分として受付られます。
受け取り
日本までの所要日数は通関が必要ない書類(郵便局の受付番号がEEで始まるもの)の場合、2~4日以内に届けてくれます(あくまでも目安であり、状況や荷物の内容により異なります)。

また、可能な限り早く届けたいという時には4,500ウォンを追加して超特急郵便(EMS TCS)も利用できます(超特急郵便は東京と大阪に限られており、さらに重さの制限もあります)。
安心!追跡サービス
EMSや国際小包は、送り状(ラベル)に記載されている13桁のお問い合わせ番号で荷物がどこにあるのか追跡することができます。

インターネットによる追跡 >>

別送品申告(旅行中、渡航先で買った荷物を日本の自宅に送る場合)
旅行から帰るにあたり品物を別送する場合、別送品申告をしておけば、携帯品の一部として、免税の適用や簡易な税率の適用を受けることができますので必ずするようにしましょう。

※詳しくはコネスト内記事・税関のホームページをご参考ください。

別送手続き >>
海外旅行者の免税範囲について >>
コネスト記事内での紹介 >>
便利なサービス
荷物が多かったり、重い時、近くの郵便局まで遠い…そんな時、集荷サービスを利用するのもひとつの手段です。集荷で送れば重い荷物を持って郵便局に行く手間が省けちゃいます。

※訪問手数料が別途必要です。
一回の訪問、荷物1つにつき3,000ウォン、追加1つにつき1,000ウォン、最大5,000ウォンの手数料がかかります。
集荷サービスの流れ
1.受付
インターネットもしくは電話でEMS訪問受付を申請します。

インターネット申請:(24時間受付 ※韓国語のみ) >>
・電話番号:1588-1300(韓国内どこからでも ※韓国語のみ)
平日9:00~18:00 土曜日9:00~13:00

2.配達員から連絡
約2時間ほどで配達員から連絡がきます。

3.配達員が訪問
配達員がはかりを持って来ます。その場で重さを量り、伝票に必要事項を書いてもらったらお金を払って終了です。
※集荷依頼の予約を出した地域で、その日の集荷予約がすでにいっぱいになっている場合は、取りに来てもらえない事もありますので、帰国日を考慮して事前に余裕を持って予約するようにしましょう。
さらにコンビニでもEMSの利用が可能
コンビニからもEMSが送れるようになりました。

CUおよびGS25でこのサービスを利用できますが「POSTBOX」という端末が設置されている店舗に限られ、梱包は事前に済ませておく必要があります。

端末機はコンビニのレジ横に設置されていることが多いですが、他の商品で端末が見えなくなっている場合もあるので、「イエムエス ルル ポネゴ シップンデヨ(EMSを送りたいのですが)」と店員に声をかけてみましょう。
手続きの流れ
1.端末機で必要事項を入力する。
「POSTBOX」はタッチパネル操作になっており、案内にしたがって画面をタッチして必要事項を入力します。別送品申告もできるようになっています。ここでも配送可能な物なのか確認しておきましょう。

2.重さを量る
端末にははかり機能がついているので、その場で重さをはかります。

3.料金を計算する
受付が完了すると最後にレシートが出てくるので、店員に渡し料金を支払います。カード支払いも可能です。

※店舗に行く前に委託業者であるCVS-netのホームページにて必要事項を入力しておくことも可能で、店舗では重さを量るだけの手続きで済みます。(会員登録に韓国国内住所および携帯番号が必要)

※「POSTBOX」は24時間受付可能ですが、コンビニごとに集荷受付時間が決まっているので締め切り時間以降の受付分については、翌日配送分として受け付けられます。

※タッチ画面にて携帯番号を登録しない場合、EMSの追跡番号は翌日以降CVS-net顧客センターに電話で問い合わせる必要があります。


・CVS-net:was.cvsnet.co.kr(韓国語)
・顧客センター:1577-1287 (投函後は1588-1300)
・平日09:00~18:00、土・日曜日09:00~12:00
こんなところでも発送できます
ホテル
観光でホテルに滞在している場合は、フロントに集荷依頼をしてくれるように頼むことができます。

※ホテルによっては送料の他、別途手数料がかかる場合もあります。
マート
大型マートの一部店舗では国際配送を依頼することができます。(ただし、発送方法はEMSとは限りません)

たいていのマートには、ダンボールなど自由に利用できる資材置き場があるので、自分でパッキングをしてサービスセンターに持って行きます。

ロッテマートソウル駅店emart龍山(ヨンサン)店など日本人観光客がよく訪れるマートには日本語の案内があったり、日本語スタッフがいるなど、日本への配送サービスが利用しやすくなっています。

マートによっては手数料を含めた宅配料金システムになっている場合や、発送制限が設けられていることもあるほか、他店で購入した商品との同梱包の可否など、条件が異なっていたりするので、よく確認した上で利用することをお勧めします。
その他
今回紹介した以外にも外国人観光客が多く訪れるお店では海外発送を受け付けている場合もあります(送料は実費で負担することもあります)。
コネストのショッピング店紹介では、記事下段で海外発送の可否についても情報を掲載しています。お買い物の際ぜひ参考にしてみてください。
ソウル市内の郵便局
観光スポットの近くにある主な郵便局です。
参考ホームページ
・日本郵便(EMS):http://www.post.japanpost.jp

・韓国郵便局ホームページ(EMS):http://ems.epost.go.kr

・税関ホームページ(海外旅行の手続き関連):http://www.customs.go.jp
クチコミを書く クチコミを見る
ユーザー投稿写真 クチコミを書く

2013.1.22
Fishmanさん
クチコミ

2013.1.22
Fishmanさん
クチコミ

2013.1.22
Fishmanさん
クチコミ
ユーザークチコミ クチコミを書く
Fishmanさん 2013.1.22
郵便局でのEMS伝票の書き方です。
伝票の上の欄は送る側で、名前以外の電話番号、住所は宿泊場所の
ホテル等の住所・電話番号を、韓国語もしくは英語で書きます。
韓国語のよくわからない人は、E-mailアドレスや、宿泊場所の郵便番号など、
なるべく空欄が無いようにしておいた方が、郵便で聞かれた時に意味もなく
戸惑うことが無いと思います。写真①、写真②
送付人の下のグリーンの欄に送る品物を書きます。
左側から、品物名(Cosmeticや、Snackなど)、数量(個数)、次の重さは空欄
でOK、Valueはアメリカドル換算の品物毎の合計金額を書きます。
あとの欄は空白でOKです。送る主な品物を書けばいいです。
郵便局の4号、5号や、6号の箱で送る場合、箱の大きさの割に品物内容の
記載が少ないと?と思われますので、主だった品物を4つ書いた方がよいか
と思います。ラーメン、化粧品、お菓子、海苔など。 写真②
伝票に右側は受け取り人です。自分でもOKです。Countryの部分は日本語で
住所を書けばOKです。そして伝票の下部中央にサインをします。
もし、ビン等割れやすいものを送った場合、事故で破損しても問題無い旨の
確認とサインをさせられます。
ではないと、受付してくれません。
伝票は郵便局に置いてあります。 歩いている時に郵便局に入っていって
持ってきても構いません。 箱の値段ですが、一番小さい1号が400ウォン、
2号が500ウォンです。大きな5号は1700ウォン、6号は2500ウォンです。
つづきを読む
ハンウルタリさん 2011.5.20
結婚移民者へ国際郵便(EMS)料金の割引案内

 ソウル市に居住している結婚移民者を対象に、ソウル市内の各郵便局で国際郵便物受付時に10%料金を割引することになったので、結婚移民者の方は、積極的にサービスを利用して下さい。

●割引適用サービス:EMS(郵便局国際特送)

●割引率:10%

●割引対象:結婚移民者(身分証および結婚移民者であることを証明する書類の提出者に限る)



①住民登録証または、外国人登録証

②家族関係証明書または、結婚移民者が含まれた住民登録謄本(写本を続けて使用可能)

●期 間:2011.5.16.~ 2012.5.15.(1年間)

<ソウル逓信庁国際特送(EMS)サービス>

 ○国際特送(EMS)プレミアムサービス

 -郵便局の顧客のためにもう少し早くて安全なサービスを提供するため、オランダの特送会社TNTと手を握って作った新しいブランドで、  全世界200ヶ国余りへ配送サービスを提供

 ○利用料金

 -書類/秘書類、重量、地域などにより最低12,100ウォンから249,300ウォンまで多様


  ※ 2010年利用実績:6,229,305件 243,416百万ウォン

出処:多文化家族のための<ソウル特別市ハンウルタリ>
   リンク:www.mcfamily.co.kr
つづきを読む
韓国旅行の準備ガイド
一緒におさえよう!韓国旅行基本情報
電圧 電圧
日本とは異なるお隣韓国の電圧事情。旅行前に基本情報をしっかり頭に入れておこう!
通貨/両替/カード/チップ 通貨/両替/カード/チップ
韓国の通貨は?カードは何が使える?旅に役立つお金の基礎知識!
電話 電話
韓国の電話ってどう使うの?旅行中の国際電話もこれで安心!
クレジットカード クレジットカード
知っておきたい、韓国でのクレジットカード使用
T-money カード T-money カード
韓国旅行の必需品。お得なマルチ交通カード徹底解剖!
ソウルの地下鉄 ソウルの地下鉄
ソウル市内を楽々移動!使い勝手のいい公共交通機関
タクシー タクシー
旅行中に便利なタクシー。利用方法からトラブル時の対処法まで解説
ソウルの市内バス ソウルの市内バス
初心者にはなかなか難しいソウルのバスを、わかりやすくご紹介!
観光案内所 観光案内所
旅行者向けの情報が満載!ソウル市内の観光案内所をご紹介
タサンコールセンター 外国人専用電話相談「120」 タサンコールセンター 外国人専用電話相談「120」
観光・生活情報について、日本語電話相談が受けられるサービス
旅のトラブルと対処法(盗難・犯罪) 旅のトラブルと対処法(盗難・犯罪)
韓国ビギナー必見!「いざ」というときのための予備知識
事後免税制度(TAX REFUND)・税還付自動化サービス 事後免税制度(TAX REFUND)・税還付自動化サービス
窓口で並ぶ必要なし!24時間利用できる端末機が登場


  最終更新日:16.03.02 (更新履歴
・情報を確認後、記事全体を見直しました(20160217)
・EMS料金を変更しました(20150702)
・料金を変更しました(20141125)
・一部内容を変更しました(20141106)
[閉じる]
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
 
旅立つ前に一緒にチェック!
コネスト新着記事 もっと見る
BTOB「FOR YOU」
K-POP韓国語☆韓国ドラマ「シンデレラと4人の騎士」OST!
2016.12.10
ハムチョ・カンジャンケジャン
明洞のワタリガニ醤油漬け専門店!ミネラル豊富な植物エ...
2016.12.10
朝紡ナッチ
2016.12.09
沃野食堂
2016.12.09
みんなが探してる!ホットキーワード
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]