韓国旅行「コネスト」 韓国の気候と服装 | 韓国旅行基本情報
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
夏は港町・釜山を楽しもう!
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 エリアガイド グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > 韓国旅行基本情報 > 韓国の気候と服装

韓国の気候と服装

한국의 기후와 복장
お気に入りに追加 (登録者 : 163人) 印刷する

旅行する際にもっとも気になることは何ですか?コネストの総合掲示板でもよく質問にあがるのが韓国の気候や服装。「この時期の韓国の気候は?」「どんな服を着ていったらいいの?」とお悩みの方は、ぜひこちらの記事を参考にして旅支度をしてください。出発の直前には天気予報もチェックしてみましょう。
韓国の気候
韓国は地理的に中緯度温暖性気候帯に位置し、春・夏・秋・冬の四季がはっきりしています。冬には寒冷乾燥した大陸性高気圧の影響を受け、寒くて乾燥する一方、夏には高温多湿の北太平洋高気圧の影響で、蒸し暑い日が続きます。春と秋には、移動性高気圧の影響で、乾燥した晴れの日が多いのが特徴です。
ソウルの気温と降水量(2013年)

2013年主要都市月別平均気温 単位:(℃)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ソウル -3.4 -1.2 5.1 10.0 18.2 24.4 25.5 27.7 21.8 15.8 6.2 -0.2
釜山 2.5 4.7 10.2 12.6 18.2 21.9 26.1 28.0 23.7 18.9 10.9 5.4
済州 5.6 6.2 10.0 13.5 18.6 21.7 28.7 29.1 24.0 19.2 12.9 8.1
東京 5.5 6.2 12.1 15.2 19.8 22.9 27.3 29.2 25.2 19.8 13.5 8.3
2013年主要都市月別降水量 単位:mm
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ソウル 22.1 74.1 27.3 71.7 132.0 28.3 676.2 148.6 138.5 14.0 46.9 24.6
釜山 22.5 46.6 93.7 136.2 201.0 159.0 131.0 144.5 30.2 92.2 61.6 14.6
済州 20.5 60.5 55.2 94.5 59.7 160.5 14.7 74.2 82.1 113.5 82.0 41.6
東京 70.0 30.0 44.5 283.0 56.0 159.0 115.5 99.0 231.5 440.0 26.0 59.5
参考:韓国気象庁、日本気象庁
気温 中部山間地方を除いて、一年の平均気温が10~16度で、最も蒸し暑い8月で、23~27度、5月は16~19度、10月が11~19度である。最も寒い1月はマイナス6度~マイナス7度まで下がる。
年間降水量 中部地方は1,100~1,400mm、南部地方は1,000~1,800mmで、慶尚北道(キョンサンプッド)は1,000~1,200mm、慶尚南道(キョンサンナムド)海岸一部地域は1,800mm程度、済州島(チェジュド)地方は1,450~1,850mm。年間降水量の50~60%が夏にあたる。
一般的に冬には北西風、夏には南西風が強く、季節によって風向きがはっきりと現れる。9月と10月は風が比較的弱く、海岸地方は海陸風の影響が強い。
湿度 7月と8月が高く、全体的に80%ほどで、9月と10月は70%前後。
梅雨 6月中旬に済州島地方から始まり、6月下旬に少しずつ中部地方へ達する。梅雨の期間は約30日間。
台風 北太平洋西部から年間28ほどの台風が発生し、このうち2~3つが韓国へ直・間接的に影響を与える。
韓国の四季
韓国も日本同様、四季折々の変化を楽しめます。訪れる季節によって旅の計画を立てるのもいいですよね。また、街行く人たちがどういう服装をしているのかも気になるところです。ソウルっ子たちの現在の服装を知りたい人は「ソウルファッションスナップ」をチェック!
3月下旬に済州島から桜前線が北上し、ソウルでは4月中旬頃にが見られます。桜の他にもレンギョウ、ツツジなどが市内の公園や野山を彩ります。暖かな陽気が続きますが、気圧の差によって黄砂現象やフェーン現象(※)も見られます。それでも4月中旬までは朝晩が冷え込むので薄手のコートは必要ですよ。


※湿った空気が山を越える時に雨を降らせ、その後、山を吹き降りるときに乾燥し気温が高くなる現象
3月
上旬はまだ寒いのでマフラーやブーツが活躍。インナーは薄着でも上着は暖かめに。
4月
コートを脱いで、ジャケットやカーディガンに。スカートはレギンスやタイツを合わせるとちょうどよい。
5月
紫外線が強くなり、汗ばむような陽気も。羽織るものがあると朝晩に安心。

パッピンスなどのデザート冷麺をはじめ冷たいものが美味しい季節。6月から9月初旬までは高温が続き、特に7月中旬から8月中旬まではプールなどが多くの行楽客で賑わいます。熱くなった地表熱による上昇気流のせいで、にわか雨も多くなるので、折りたたみ傘があるとグッド!
6月下旬から7月にかけては本格的な梅雨の季節。湿度は日本より低いので、多少過ごしやすいはずです。
6月
時には真夏並みとなり、素足が似合う季節に。雨など肌寒い日もあるので注意。
7月
夏到来を感じさせる暑さに。日傘やサングラスがあると便利。
8月
涼しい洋服で暑さをしのいで。降水量が多い季節で、雨の日は一時肌寒くなることも。

9月から11月までは昼と夜の気温差が激しく、長雨や台風などの被害もありますが、全般的に快適で過ごしやすく、食欲の秋でもあります。紅葉は10月上旬ごろから雪岳山(ソラッサン)智異山(チリサン)などの山間部で始まり、11月にはソウルでも楽しめるようになります。ただ、朝夕の温度差が激しいので体調を崩さないように注意してくださいね。
ソウル市内の紅葉スポットはこちら!
9月
残暑が厳しくも、中旬以降は朝晩の温度差が大きくなる。
10月
カーディガンやジャケットは必須。ひんやりしたらストールなどで調節を。
11月
冬の訪れを感じさせるような寒い日が増え、気温が急降下する日もあるので注意。

12月から3月中旬まではシベリアからの寒波のため寒さの厳しい季節。温かい鍋が恋しく、忘年会・新年会のシーズンでもあります。アウトドア派には手軽なアイススケートはもとより、スキーなどのウィンタースポーツが人気。ソウルでも気温が零下になることが多く、寒がりの人は、大げさなくらいの防寒が必要です。また空気がとても乾燥するので、こまめに乾燥対策をしましょう!冷えた体を温めるのに韓国式伝統サウナ、汗蒸幕(ハンジュンマク)などもおすすめ。
極寒ソウルの楽しみ方もご参考に!
12月
朝晩は零下になることもあり、ブーツやマフラー、厚手のコートが活躍。
1月
帽子、手袋、耳あてなどの冬小物が必要!零下になることが多く、とにかく寒い!
2月
寒さのピークは過ぎたとはいえ、昼夜の気温差は激しく、まだまだ冷え込む季節。マフラーやコートは必需品です。
韓国の天気予報はコネスト韓国地図からも見ることができます。コネスト韓国地図のトップページから、各エリアに行き、気になるエリアの天気予報をチェックしてみてください。週間予報も見られますよ!
◀(1)をクリックするとそのエリアの週間天気予報(2)が見られます


掲載日:11.01.24   最終更新日:14.01.13
※内容は予告なく変更される場合があり、完全性・正確性を保証するものではありません。掲載情報は自己責任においてご利用ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 韓国の交通
韓国エリアガイド
韓国地下鉄路線図
  ソウル
釜山
大邱
大田
光州
韓国地下鉄路線図
印刷用PDFファイル 印刷用PDFファイル
交通料金と経路
から
まで
タクシー検索 地下鉄検索
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2014 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]