韓国旅行「コネスト」 地下鉄駅から始めるソウル街歩き~蚕室駅~ | 街歩きシリーズ
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > エリアガイド > 特集記事 > 街歩きシリーズ > 地下鉄駅から始めるソウル街歩き~蚕室駅~

地下鉄駅から始めるソウル街歩き~蚕室駅~

お気に入りに追加 (登録者 : 16人) 印刷する
本日のテーマ:カイコに由来した土地が、北から南に移動した歴史をたどる
名前が示す通り養蚕が盛んだった地域、現在はファミリーレジャーの入口駅
駅直結の蚕室地下ショッピングセンター
駅直結の蚕室地下ショッピングセンター
コースの距離:約1.5km、所要時間:0.5時間
ソウルの東南部に位置し、地下鉄2号線と8号線の2路線が交わる蚕室(チャムシル)駅。改札口を出ると地下ショッピングセンターと直結しています。

蚕室といえば、高級アパートが立ち並び、ロッテワールドホテル大型マートまで揃う人気エリアとして知られていますが、ロッテワールドがオープンする以前の蚕室は一体どんなところだったのでしょうか?今回はそんな蚕室の歴史を紐解いてみましょう。
蚕室駅交差点から見えるロッテ百貨店とホテル
蚕室駅交差点から見えるロッテ百貨店とホテル
室内外のアトラクションが人気のロッテワールド
室内外のアトラクションが人気のロッテワールド
養蚕業の拠点であった蚕室は、ソウル各地に点在していた
~蚕室に今も柔の木はある?~
「蚕室(チャムシル)」という地名は、「蚕の部屋」という意味の漢字からも想像できるように、かつて養蚕業が営まれていた地、というのが由来です。朝鮮時代になって養蚕業発展のため、桑の木を植林しカイコを育てた拠点が「蚕室都会(チャムシルトフェ)」と呼ばれました。

蚕室都会、通称・蚕室は南山(ナムサン)を中心とした東西南北の各所に設置され、東蚕室は現在の蚕室に、西蚕室は延世大学(ヨンセテハッキョ)、南蚕室は栗島(パムソム)、北蚕室は城北洞(ソンブットン) 、そして途中から新たに設けられた新蚕室が蚕院(チャモン)の、計5箇所にあったとされています。
カイコの好物といえば、桑の葉
カイコの好物といえば、桑の葉
約1ヶ月半の短い一生を送るカイコ
約1ヶ月半の短い一生を送るカイコ
カイコの繭から作られる絹織物の数々
カイコの繭から作られる絹織物の数々
城北洞にある先蚕壇址
城北洞にある先蚕壇址
今も尚、かつての蚕室を感じられる場所として、「蚕」の漢字が地名に使われている蚕室と蚕院の2箇所、そして北蚕室だった城北洞にかつて蚕神を祀り祭礼が行われた先蚕壇址(ソンジャムダンジ)(地図:赤1)から、かつての養蚕業の名残りが感じられます。
蚕院にある「蚕室里桑の木(ソウル市記念物第1号)」
蚕院にある「蚕室里桑の木(ソウル市記念物第1号)」
蚕院には、ソウル市記念物第1号に指定されている「蚕室里桑の木(チャムシルリ・ポンナム)」が保存されています(地図:赤2)。

高さは約1.4メートルに達する古木で、世宗大王(セジョンデワン)の時代に植えられたのではないか、という説が有力です(「蚕室里」という地名は、蚕の地名がかつて「始興郡・新東面・蚕室里」だった事に由来)。

さらに3号線蚕院駅の駅構内にはカイコの展示物があるほか、蚕院の漢江公園ではカイコの体験学習場もあるなど、蚕院はかつての養蚕業の形跡が最も良く見られる場所です。
一方で、蚕室では1988年のソウルオリンピック開催前の都市開発の際に桑の木はほぼ無くなってしまいました。しかしその後、養蚕業で発展したという蚕室の歴史的背景を考慮したソウル市が数年前に漢江公園に桑の木を植え、蚕室でも再び桑の木を見かけられるようになりました(地図:赤3)。
蚕室大橋南端の東側に植えられた若い桑の木
蚕室大橋南端の東側に植えられた若い桑の木
エピソードが書かれた看板
エピソードが書かれた看板
少し前までは島だった蚕室~江北から江南に移った土地を歩く~
日本統治時代に描かれた蚕室島の地図(漢城百済博物館所蔵)
日本統治時代に描かれた蚕室島の地図(漢城百済博物館所蔵)
蚕室は現在、松坡(ソンパ)区に所属していますが、それまではソウル市の各区を転々とした経緯を持つ地域です。

1949年にソウル市に編入した際は、現在のように漢江(ハンガン)の南に位置するのではなく、往十里(ワンシムニ)などと同じく漢江の北の城東(ソンドン)区に所属し、しかも漢江に浮かぶ「島」だったという実に不思議なエリアです。蚕室の地形の変化を順に追ってみましょう。
1.朝鮮時代は都のあった江北地域と地続きで、漢江は蚕室の南部を流れていました。
2.しかし、漢江の氾濫が多発し、江北地域を貫通する新しい川が出来、その川は新川(シンチョン)と呼ばれました(地下鉄2号線新川駅のある新川洞の由来)。そうして蚕室は島になって蚕室島と呼ばれ、島の面積は汝矣島(ヨイド)と同程度でした。
現在もよく増水する漢江
現在もよく増水する漢江
3.1970年代の都市開発により、島の南部の漢江を埋め立て、新川の幅を広げて新たに漢江とし、蚕室は江南地域となりました。1975年に城東区から江南(カンナム)区へ、1979年に江東(カンドン)区へ、1988年に松坡区に所属を移して現在に至ります。
それでは、蚕室地区の漢江が今よりも南の内陸部を流れていた形跡を探しに、蚕室の南側を実際に歩いてみましょう。
蚕室駅3番出口を出て直進するとロッテワールドのタヌキのキャラクター「ロティー」の大きな看板が見えます(地図:青1)。さらに進み、石村湖(ソッチョンホス)の入口から見える石碑が、三田渡碑(サムジョンドビ)です(地図:青2)。

中国・清との戦争・丙子胡乱(ピョンジャホラン/1636~37年)に破れ、和議が結ばれた場所に清の王の功績をたたえる石碑が作らされました。それが三田渡碑です。

三田渡碑には亀の形をした台座が2つあり、片方には石碑がありません。制作途中に石碑に記載する内容の要求がエスカレートし、最初に作った台座ではサイズが合わなくなってしまい、新たに台座が作られたからです。

「三田」はこの一体の地名で、「渡」は漢江の渡し舟の位置を指す単語なので、かつてこの内陸部まで漢江が流れていたことが伺えます。さらに大通りを進んだ交差点には、昔の渡し舟の帆を指し、渡し舟に見立てた花壇もあります(地図:青3)。
刻まれた「大清皇帝功績碑」の文字
刻まれた「大清皇帝功績碑」の文字
交差点にある渡し舟の花壇
交差点にある渡し舟の花壇
桜の名所として知られる石村湖(地図:青4)は、かつての蚕室島を埋め立てる過程で、漢江の水を利用して作られた人工の湖です。現在の漢江の位置からは直線距離にして約1.5kmも離れていますが、つい40年前までは、この石村湖の位置まで漢江が流れていました。

今は周辺にはロッテワールドや高級アパートが立ち並びますが、ここにかつての漢江が流れていた風景を想像しながら石村湖を一周したところで、今回の街歩きは終わりです。
湖畔の公園の木はほとんどが桜
湖畔の公園の木はほとんどが桜
そのため、春になれば湖畔沿いに

桜が咲き乱れます。
そのため、春になれば湖畔沿いに
桜が咲き乱れます。
伝統公演が行われるソウルノリマダンも

ロッテワールド近くに(地図:青5)
伝統公演が行われるソウルノリマダン
ロッテワールド近くに(地図:青5)
~第2ロッテワールドって?~
蚕室駅の東南部で進められている工事は、第2ロッテワールドの建設現場で2015年末の開業を目指しています。

一番高い建物はホテルになるロッテワールドタワーで、地上123階(高さ555m)を誇り、周辺には百貨店、ショッピングモール、レジャー施設などが入る予定で、今後の蚕室に期待です。
地下鉄駅から始めるソウル街歩き
明洞(ミョンドン)などの人気観光地はもちろん、ソウル市内各地や地方都市まで定期的に更新をしている「コネスト韓国地図」。

何気なく見ているだけでもちょっとした旅行気分を楽しめますが、中には気になる地名や場所があったりしませんか?そこで「コネスト韓国地図」を手にしながら、気になる場所を実際に歩いてみる街歩き企画を、全12回にわたってお届けします。次回の街歩きもご期待ください。
その他の特集記事 もっと見る
  最終更新日:13.08.02
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
お店・スポット検索
カテゴリ
エリア
検索
韓国エリア 特集記事
ソウルおすすめエリア(69)
釜山おすすめエリア(10)
地方おすすめエリア(30)
街歩きシリーズ(19)
その他の特集記事リスト  
韓国地下鉄路線図
  ソウル
釜山
大邱
大田
光州
韓国地下鉄路線図
印刷用PDFファイル 印刷用PDFファイル
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]