韓国旅行「コネスト」 江原道まるごと観光ガイド | 地方おすすめエリア
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > エリアガイド > 特集記事 > 地方おすすめエリア > 江原道まるごと観光ガイド

江原道まるごと観光ガイド

お気に入りに追加 (登録者 : 46人) 印刷する
ソウルから約2時間半(※)、韓国北東部の江原道。自然豊かな人気観光地をご紹介!
※高速バス利用時、東部の江陵基準
1、東部エリア:海列車にゆられて東海岸ぶらり旅
2、西部エリア:ドラマロケ地とご当地グルメを満喫
3、南部エリア:韓国最古のアリラン伝統に出会う
4、北部エリア:DMZ、韓国唯一の分断地域へ
1、東部エリア:海列車にゆられて東海岸ぶらり旅
美しい風景と沿線の観光地めぐりを満喫!
穏やかな東海(トンヘ、日本海)に面した東部エリア。海沿いを走る列車に乗りアジア最大の洞窟がある三陟(サムチョク)から端午祭で有名な江陵へ。さらにバスで北上し港町の束草(ソクチョ)まで。それぞれに魅力異なる海岸都市には観光名所も豊富です。
江陵~三陟間58kmの海岸線に沿って走る観光列車。車窓に広がる美しい海景色が特別な旅情をかきたてます。世界で最も海に近い駅であり日の出の名所、正東津(チョンドンジン)駅にも停車。

海列車 詳しく見る ▶
正東津海水浴場
正東津海水浴場
幻仙窟(ファンソングル) (地図番号:青2)
アジア最大規模の鍾乳洞で、つららのような鍾乳石は、まさに自然の神秘そのもの。貴重な洞穴生物の生息地としても有名。

幻仙窟(ファンソングル) 詳しく見る ▶
船橋荘(ソンギョジャン) (地図番号:青3)
朝鮮時代の上流層の伝統家屋で、チョゴリ(韓服のスカート)を思わせる屋根が特徴。ドラマ「ファン・ジニ」「宮」の撮影地にもなりました。

船橋荘(ソンギョジャン) 詳しく見る ▶
朝鮮戦争の際、北からの避難民が集まり形成された集落。村までは渡し舟「ケッペ」で。界隈は北朝鮮の郷土料理店も多数。
名物のアバイスンデ
名物のアバイスンデ
★意外な魅力発見!観光マメ知識★
コーヒー通がこぞって足をはこぶ街

海辺の美しい景色と薫り高いコーヒーを同時に楽しめる街として、東海岸の都市・江陵がコーヒー通の間で注目を浴び始めたのは数年前。

今や安木(アンモッ)港一帯(地図番号:青5)をはじめ市内には何と約260 ものカフェがあり、毎年秋にはコーヒー祭りも開催されます。

コーヒー薫る港町で、カフェめぐりはいかが?
おすすめ地元グルメ
草堂(チョダン)スンドゥブ
海のミネラル豊富な白いスンドゥブ
江陵・草堂村(地図番号:青6)の豆腐はニガリの代わりに海水を使う伝統製法が特徴。なめらかなおぼろ豆腐は豆の風味と甘みが生きています。
オジンオスンデ
イカの特産地で味わう、韓国版イカ飯
束草地方の郷土料理で、餅米とみじん切りにした野菜をイカに詰めて蒸したもの。アバイ村の食堂などで食べられます。
東部エリアの交通情報
ソウルからの行き方
<高速バス>
高速バスターミナル東ソウル総合バスターミナルから多数運行。所要時間は以下の通り。
束草・江陵まで:約2時間30分~3時間
三陟まで:約3時間~3時間30分

<現地のアクセス情報>
海列車は時期により1日2~3本運行。乗車券はホームページ(韓国語)で予約可(韓国の銀行へ入金必要)。また当日駅でも購入可です。
※東海岸沿いの鉄道は江陵まで。江陵からさらに北部の束草に向かうには市外バスを利用しましょう。

オススメホテル:周成リゾート(高城)
2、西部エリア:ドラマロケ地とご当地グルメを満喫
「冬のソナタ」の感動を再び!ソウルから日帰り可能な気軽さも魅力
西部エリアはソウルから代表観光地の春川(チュンチョン)まで列車で約1時間半と人気の日帰り旅行先。韓流ブームの火付け役「冬のソナタ」撮影地ではドラマの余韻に浸れます。観光後はタッカルビ蕎麦冷麺など充実のグルメでお腹も満たして!
南怡島(ナミソム) (地図番号:緑1)
メタセコイアの並木道や「ファーストキスのベンチ」など「冬ソナ」の撮影スポットが続々。ドラマの世界を堪能するなら、やはり冬がおすすめです!島内はギャラリーなど文化施設も充実し、ゆっくり散策するにもぴったり。

南怡島(ナミソム) 詳しく見る ▶
江原ドラマギャラリー (地図番号:緑2)
「冬のソナタ」「秋の童話」、映画「マラソン」など江原道で撮影された数々のドラマ・映画を振り返れる展示館。
春川明洞ストリート (地図番号:緑3)
服屋やカフェが集まり、若者でにぎわう春川きっての繁華街。「冬のソナタ」で主人公2人が待ち合わせした街灯は通りの入口に!
春川中央市場 (地図番号:緑4)
昔ながらの在来市場も実は「冬のソナタ」ゆかりの地。チュンサンが食事をした店やユジンの母が働いていた衣料品店があります。

春川中央市場  詳しく見る ▶
おすすめ地元グルメ
タッカルビ(鶏肉の鉄板炒め)
春川にきたらハズせない!
発祥地とされる春川には約20店が軒を連ねるタッカルビ通りも。本場の味を試して!
マックッス(蕎麦冷麺)
さっぱりスープでいただく冷たい蕎麦
蕎麦粉100%の麺が特徴。専門店のほかタッカルビ店でも提供しています。
高級牛からB級おやつまで!内陸部はグルメの宝庫
春川の南に位置する洪川(ホンチョン、地図番号:緑5)、横城(フェンソン、地図番号:緑6)は韓牛(韓国在来の牛)の特産地。とろけるような肉を味わいに全国から観光客が訪れます。

また、横城の安興(アヌン、地図番号:緑7)は「チンパン(あんまん)」が有名。首都圏と江原道東部をつなぐ中間地点にあたる安興には、昔から間食に適したチンパンの店が多く、良く食べられてきたことから名物になったと言われています。
ほっかほか

安興チンパン
ほっかほか
安興チンパン
肉汁ジュワッ!

横城韓牛
肉汁ジュワッ!
横城韓牛
西部エリアの交通情報
ソウルからの行き方(春川)
<列車>
龍山(ヨンサン)駅または清涼里(チョンニャンニ)駅から出発の2階建て列車「ITX-青春(チュンチョン)」が便利。春川駅までの所要時間は約1時間半。

<現地のアクセス情報>
春川市内の明洞ストリート、中央市場、タッカルビ横丁はそれぞれ隣接しており徒歩で回れます。
3、南部エリア:韓国最古のアリラン、伝統に出会う
江原道に息づく歴史と文化を訪ねて
韓国を代表する民謡アリラン。南部エリアの旌善(チョンソン)は3大アリランの1つで最も長い歴史を誇る旌善アリラン誕生の地。また平昌(ピョンチャン)には伝統食、寧越(ヨンウォル)には民画を紹介する施設もあり、江原道の多様な伝統文化に触れられます。
旌善アリラン伝授館 (地図番号:緑8)
毎週水曜の開館日には、名人から「唱(チャン)」と呼ばれる伝統歌唱法を学べる教室を開催。アリランを深く知れる資料室もあります。
アリラン学校 思い出の博物館 (地図番号:緑9)
廃校を活用した博物館で、近現代の教科書やおもちゃなど昔懐かしの資料を展示。アリラン・民謡資料も千点以上と充実。
旌善五日市 (地図番号:緑10)
地元で採れた各種山菜をはじめ所狭しと食材が並ぶ韓国最大の在来市場。市場内の食堂では郷土料理が味わえます。

旌善五日市 詳しく見る ▶
朝鮮民画博物館 (地図番号:緑11)
素朴な自然美を描いた朝鮮時代の民画の数々。人生の哀歓をユーモア込めて描いた無名画家たちの作品を鑑賞できます。
韓国伝統飲食文化体験館 (地図番号:緑12)
コチュジャン味噌が入った伝統甕がずらりと並ぶ光景は圧巻。体験室では江原道の食材を利用した料理教室も。

韓国伝統飲食文化体験館 詳しく見る ▶
★ソウルから日帰り可能!平昌(ピョンチャン)へ★
2018冬季オリンピック会場も!
2018年冬季オリンピックの中心会場で、国内最大規模のスキージャンプ台があるアルペンシアリゾートやビビンバ作りができる伝統飲食文化体験館、パワースポットの月精寺など、見どころが充実です。
おすすめ地元グルメ
山菜定食
山の香りを堪能できる山菜料理がずらり
畑が少なく大部分が山地の旌善は山菜料理が名物。特産のコンドゥレ(高麗アザミ)をはじめ、特有のほろ苦さが食欲をそそります。
チュオタン
栄養満点ドジョウを使ったスタミナ料理
地方により作り方が異なるドジョウ汁ですが、原州(ウォンジュ)式はまるごとのドジョウを使い大鍋で煮込んだものが一般的。
南部エリアの交通情報
ソウルからの行き方(旌善)
<高速バス>
列車の本数が少ないため、高速バスが便利。旌善行きのバスは東ソウル総合バスターミナルから約1時間に1本運行、所要時間は約3時間。

<現地のアクセス情報>
旌善郡内は市内バスでの移動が一般的。バス番号や行き先などは旌善五日市内に位置する総合観光案内所で尋ねると良いでしょう。
4、北部エリア:DMZ、韓国で唯一の分断地域へ
韓国最北の地で平和の意味を考える
38度線を境に北朝鮮と接する北部エリア。鉄原(チョロン)は緊張と平和が共存する韓国最北の地域として、南北分断の歴史と今なお続く現実を間近で感じられる施設が点在。一方、近年は手付かずの自然が残る生態系の宝庫としても注目されています。
平和展望台 (地図番号:赤1)
北朝鮮が見渡せる高地に位置。軍のバラックや検問所を再現した展示物、野外展望台などがあり、分断の現実を肌で感じられます。
DMZ(非武装地帯)の南方限界線に近い、韓国最北端の終着駅。現在は廃駅ですが、元々は北朝鮮・元山(ウォンサン)まで走る列車の簡易駅でした。
第2トンネル (地図番号:赤3)
北朝鮮が韓国に侵入するために掘った南侵トンネルのうち最大規模。1時間で1万5千人以上が移動でき、小型戦車も通過できる構造です。
1946年に朝鮮労働党が住民を強制労働させて建てたとされる建物。外壁や内部には弾痕が刻まれ、戦禍を今に伝えています。
東海岸の最北端、高城(コソン)の民間人出入統制線内に位置。1950年代以降の朝鮮半島の歴史を展示や映像で紹介。
★意外な魅力発見!観光マメ情報★
緊張地帯の癒しスポット
国境地域に近いため、緊張感漂う観光施設が多い北部エリアですが、実は温泉やラフティングなど豊かな自然の中で楽しめるレジャースポットも充実!

鉄原郡の漢灘江(ハンタンガン)に面した絶壁に位置する漢灘江温泉(地図番号:赤6)は韓国随一のゲルマニウム温泉。ゆっくりとお湯につかって旅の疲れを癒して!
おすすめ地元グルメ
ファンテクイ
ご飯にもお酒にも合う干魚料理
スケトウダラを自然の中で何度も凍結・解凍させて作るファンテは麟蹄(インジェ、地図番号:赤7)の名物。ふわっとした独特の食感が美味。
カムジャオンシミ
つるんと喉を通る、ジャガイモ団子のスープ
北部の山間部では、古くからじゃがいも料理が発達。すりおろしたじゃがいもで作ったオンシミ(団子)は素朴でやさしい味です。
北部エリアの交通情報
ソウルからの行き方
<ツアーを利用>
安保関連の観光施設は、見学申請が必要な場合が多く、またそれぞれ離れているため自力で回るのは大変。平和展望台や第2トンネルなど鉄原周辺のスポットをめぐるソウル発着の月曜限定ツアーに参加するのがおすすめです。日本語ガイドが同行し、手続きのサポートはもちろん、観光地では詳しい解説が聞けます。
南北分断の歴史に触れるソウル発着のDMZツアーはこちら ▶
春:陽気なイベントで盛り上がろう!
春川マイム祭り
韓国のみならず全世界のパントマイム劇団が多数参加する、アジア最大のマイムフェスティバル。

個性豊かなパントマイミストたちが楽しいステージを披露!24時間公演やパレードも見逃せません。

春川マイム祭り 詳細を見る ▶
レールバイク
四輪自転車に乗って線路の上を走るレールバイクは旌善郡で体験できる人気のレジャー。緑豊かな自然の中を走れば気分爽快!
夏:初夏を告げる世界遺産・端午際
江陵端午祭
陰暦5月5日の端午に合わせて行なわれる歴史ある祭り。山神への祈りの儀式や伝統仮面劇のほか、家族で楽しめる民俗遊び体験や公演など50を超える多彩なイベントがめじろ押し!
江陵端午祭 詳細を見る ▶
海水浴・ラフティング
海水浴場は東部の江陵や東海が有名。海水浴と人気を二分するラフティングは、南部の寧越、平昌がメッカ。

豊富な水流で急流が多く、エキサイティングな川下りが楽しめます。
秋:色づく山々、美しい景色と味覚
襄陽松茸祭り
襄陽(ヤンヤン)の松茸は松葉の香りが強いことで有名な名産品。期間中は松茸狩り体験も!
紅葉
江原道には雪岳山(ソラクサン)五台山(オデサン)、雉岳山(チアッサン)と3つの国立公園、そして太白山(テベッサン)道立公園があり、秋は紅葉の名所として韓国全国からの行楽客でにぎわいます。

荒々しい岩肌と紅葉のコントラストなど、日本とはまた違う絶景を堪能できます。

江原道の紅葉スポット情報 ▶
冬:雪と氷の世界は楽しみがいっぱい
氷の国・華川ヤマメ祭り
韓国で最も早く氷が張ると言われる華川。氷上釣りや素手掴みなど冬ならではの遊びを楽しめます。

氷の国・華川ヤマメ祭り 詳細を見る ▶
スキー・スノボ
ソウルに比較的近い春川や洪川はスキーのメッカ!平昌・江陵では2013年スペシャルオリンピックス冬季世界大会が開催。
その他の特集記事 もっと見る
掲載日:13.01.16   最終更新日:13.02.06
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
お店・スポット検索
カテゴリ
エリア
検索
韓国エリア 特集記事
ソウルおすすめエリア(69)
釜山おすすめエリア(10)
地方おすすめエリア(30)
街歩きシリーズ(19)
その他の特集記事リスト  
韓国地下鉄路線図
  ソウル
釜山
大邱
大田
光州
韓国地下鉄路線図
印刷用PDFファイル 印刷用PDFファイル
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]