韓国旅行「コネスト」 城北洞エリアガイド | ソウルおすすめエリア
韓国地図 コミュニティ CHINESE(中文)
韓国が始まる、韓国が広がる
韓国旅行「コネスト」
新羅IPARK免税店1周年!「旅行グッズ」贈呈
検索

韓国ホテル

韓国ツアー

公演チケット

格安航空券

携帯・Wi-Fi
HOME 韓国旅行基本情報 交通 エリア グルメ ショッピング 観光スポット エステ 美容医療 韓国語 韓国留学 文化と生活
クーポン
ホーム > エリアガイド > 特集記事 > ソウルおすすめエリア > 城北洞エリアガイド

城北洞エリアガイド

お気に入りに追加 (登録者 : 299人) 印刷する
朝鮮時代、都城の北側に位置していたことからその名がついた城北洞(ソンブットン)。こちらには由緒ある韓屋(ハノッ)の古宅やソウル城郭などの史跡が点在し、歴史に触れられる文化スポットとして近年注目を集めています。また、城北洞といえばヨン様ことぺ・ヨンジュンがマイホームを購入したことで日本でもその知名度は急上昇中です。

近ごろはお洒落なカフェなども増え、カメラを持って散策する若い人たちの姿も見られます。地下鉄駅から少し離れていてアクセスはやや不便ですが、都心にはない静けさや落ち着きのある街並みが魅力の城北洞。「見る」「食べる」「買う」と、3つのポイントでおすすめの寄り道スポットをご紹介します。
最寄り駅からはバスやタクシー移動がラクチン
城北洞散策のスタート地点となるのは、地下鉄4号線漢城大入口(ハンソンデイック)駅。

劇場が多数集まる大学路(テハンノ)の恵化(ヘファ)駅からは1駅です。史跡や飲食店が多い場所までは、駅から徒歩で大通りを20分ほど。

街並みを見物しながら散策するのも楽しいですが、距離があるためバスやタクシーでの移動がお手軽です。バス乗り場は漢城大入口駅6番出口を出て50mほど進んだところに位置。
2112番、1111番の市内バスか城北03のマウルバスに乗り、4つ目の「城北小学校(ソンブッチョドゥンハッキョ)」で下車しましょう。
おすすめ散策スポット

青:見る、緑:食べる、赤:買う、ピンク:バス停留所
※右上のレベルで拡大・縮小が可能です。地図上をドラッグすると、移動することができます。
見る
城北洞に残る史跡の特徴は、激動の近現代を生きた独立運動家や文化人たちの旧家が多いこと。韓国の伝統家屋である韓屋造りの建物は当時の雰囲気を色濃く残し、深い印象を与えます。思索や創作の場となっただけに、ひと気の少ない静かな路地や高台にひっそりと佇んでいる旧家。

特に尋牛荘(シムジャン)は急な階段を上った先にあるので、訪れる際は歩きやすい靴がおすすめです。また、史跡とともに文化的な街の雰囲気を作り出しているのが美術館。

中でも貴重な美術史料を所蔵する韓国屈指の美術館「澗松(カンソン)美術館」は、春と秋の期間限定での開館ですが、美術ファン必訪のスポットです。
恵化門(ヘファムン)(地図番号:青1)
1397年に設置されたソウル城郭四小門のうちの1つ。東小門(トンソムン)とも呼ばれ1992年に復元された。恵化門付近の城郭は、現在は住宅や道路に紛れて一部のみ残っている。

恵化門(ヘファムン) 詳しく見る
先蚕壇址(ソンジャムダンジ)(地図番号:青2)
初めて養蚕を行なったといわれる中国古代の王妃を蚕神として祀り、祭礼を行なった場所。駅から続く大通り沿いにあるので見つけやすい。史跡第83号。

先蚕壇址(ソンジャムダンジ) 詳しく見る

※発掘調査及び復元作業のため、現在観覧不可となっています。
崔淳雨(チェ・スヌ)旧家(地図番号:青3)
国立中央博物館の館長を歴任し、韓国美術の発展に生涯を捧げた崔淳雨の旧家。建物はロの字型をしているが、これは京畿道(キョンギド)地方の典型的な韓屋様式だそう。建立年度は1930年代と見られている。

崔淳雨(チェ・スヌ)旧家 詳しく見る
李鐘奭(イ・ジョンソク)別荘(地図番号:青4)
朝鮮後期の商人、李鐘奭の別荘と見られる。徳寿(トクス)教会の敷地内にあり、防犯のため普段は立ち入り禁止となっている。観覧希望時は徳寿教会に要問い合わせ(韓国語)。

李鐘奭(イ・ジョンソク)別荘 詳しく見る
尚虚李泰俊(サンホ イ・テジュン)家屋(地図番号:青5)
韓国現代小説の基礎を成したとされる作家、李泰俊(イ・テジュン)が暮らした旧家。1900年代の改良韓屋として貴重な民俗資料。現在は伝統茶店「壽硯山房(スヨンサンバン)」となっている。
朝鮮時代、都を守るために張り巡らされたソウル城郭。恵化門付近でいったん途切れているが、城北小学校でバスを降りると見える三叉路をソウル科学高校方面(南西方向)に進むと、臥龍(ワリョン)公園へと続く城郭コースの入口がある。途中やや勾配のきつい階段道もあるが、高台からは城北洞一帯を見渡せる。
城郭コースの入口地点
城郭コースの入口地点
散策路は市民憩いの場
散策路は市民憩いの場
途中の景色は圧巻!
途中の景色は圧巻!
尋牛荘(シムジャン)(地図番号:青7)
三・一独立運動における民族代表の1人であり、名詩「ニムの沈黙」の作者、韓龍雲(ハン・ヨンウン)が晩年を過ごした場所。大通りからは「Manhae Han Yongun Simujan」の看板を目印に。

尋牛荘(シムジャン) 詳しく見る
吉祥寺(キルサンサ)(地図番号:青8)
随筆集「無所有(ムソユ)」で有名、2010年に逝去した法頂(ポッチョン)僧侶が創建した禅寺。境内のあちこちに掲げられた法頂僧侶の教えは胸にぐっとくるものばかり。

吉祥寺(キルサンサ) 詳しく見る
澗松(カンソン)美術館(地図番号:青9)
毎年5月と10月の一定期間のみ開館する韓国初の民間美術館。1446年に公布されたハングルの解説書「訓民正音(フンミンジョンウム)」や、SBSドラマ「風の絵師」にも登場した申潤福(シン・ユンボク)の「美人図」など、国宝級の遺物を多数所蔵する。貴重な美術史料を無料で観覧できるため、開館時期は行列ができるほどの人気。

澗松(カンソン)美術館 詳しく見る
城北区立美術館(地図番号:青10)
韓国で初めての区立美術館。2階、3階が展示室となっており、企画展などを開催。1階には在住外国人支援の城北多文化ビレッジセンターが。

城北区立美術館 詳しく見る
OVOCO(オボコ)(地図番号:青11)
韓国のダイアモンドブランド「OVOCO」が運営するギャラリー。ジュエリー関連の展示を行なう。電話やメールでの事前予約者のみ観覧可能。

OVOCO(オボコ) 詳しく見る
高級住宅街とタルトンネが共存する街
城北洞といえば、ソウル屈指の高級住宅街として有名な地域。特に吉祥寺へと続く界隈には「超」がつく豪邸や高級ヴィラ、大使官邸が連なり、芸能人や著名人が多く住む街としても知られています。

一方で高級住宅街とは反対側、ソウル城郭に近い高台には、経済的に厳しい人々が住むというタルトンネが形成されています。緑に覆われた高級住宅地と、細く急な坂道に寄り添うように建つ家々。雰囲気も様相もまったく異なる街並みが混在する城北洞は、訪れる人に独特の情感をもたらします。
ソウル城郭から眺めた城北洞一帯
ソウル城郭から眺めた城北洞一帯
吉祥寺周辺の高級住宅街
吉祥寺周辺の高級住宅街
タルトンネには素朴な庶民の生活が
タルトンネには素朴な庶民の生活が
食べる
城北洞のメイン通りは、漢城大入口駅5・6番出口の間に伸びる「城北洞キル」。この城北洞キルの両側には、何十年も前から続く老舗の食堂や、のんびりコーヒータイムを楽しめるお洒落なカフェが点在しています。中でも「運転手食堂」と呼ばれる庶民派食堂が有名。

城北洞はソウル市内でもはずれにあるため、以前はタクシーやバスなどの運転を生業とする人々でなければあまり訪れることがなかったそう。運転手御用達だった食堂は、いつしか「安くて旨い」とクチコミが広がり、現在はむしろ一般客の方が多いほどです。
城北洞テジカルビチッ(地図番号:緑1)
練炭の火で焼かれたスタミナ満点の豚カルビ(テジプルベッ)定食(7,000ウォン)が人気の運転手食堂。昼時はたくさんの客が訪れるが、回転も速い。

城北洞テジカルビチッ 詳しく見る
サンダリテジプルベッ(地図番号:緑2)
城北洞テジカルビチッの近くにあり、こちらも豚カルビ定食が有名。韓国メディアでの紹介も多数。ここでしか味わえない味を、と遠方からもたくさん訪れる。

サンダリテジプルベッ 詳しく見る
クムワントンカツ専門店(地図番号:緑3)
甘めのソースがサクサクのトンカツにたっぷり。子どもから大人まで大好きな韓国風トンカツのお店。繁盛期はすぐ近くの本館でも営業する。

クムワントンカツ専門店 詳しく見る
仙洞(ソンドン)ポリパッ(地図番号:緑4)
野菜の各種ナムルを麦飯に入れ、ビビンバのように混ぜて食べるポリパッの店。栄養満点でヘルシーな食事をお探しの方に。

仙洞(ソンドン)ポリパッ 詳しく見る
あっさりしたスープとシコシコの手打ち麺が美味しいカルグッスの名店。たっぷり具がつまったマンドゥ(蒸し餃子)もぜひ味わいたい一品。

城北洞チッ 詳しく見る
城北ソルロンタン(地図番号:緑6)
ソルロンタンは牛骨などを長時間煮込んだコクのある白いスープが特徴の韓国料理。辛いのが苦手な人にもおすすめ。
※外観写真は以前のものです

城北ソルロンタン 詳しく見る
菊花庭園(クッカジョンウォン)(地図番号:緑7)
韓定食とともに、カンジャンケジャン(蟹の醤油漬け)が美味しいと評判の店。趣ある韓屋風の店内は広く大人数もOK。家族の集まりや会食にも。

菊花庭園(クッカジョンウォン) 詳しく見る
城北洞ヌルンジペッスッ(地図番号:緑8)
高麗人参、ナツメなどと一緒に煮込んだ柔らかい鶏肉(ペッスッ)と、香ばしいおこげスープ(ヌルンジ)のセットメニューが人気の店。

城北洞ヌルンジペッスッ 詳しく見る
ナポレオン製菓店(地図番号:緑9)
漢城大入口駅5番出口を出てすぐの所にある、1968年創業の老舗製菓店。豊富なパン・ケーキを取り揃えることで評判が高い。

ナポレオン製菓店 詳しく見る
ヌブティス(旧ANDO)(地図番号:緑10)
イ・ヨウォン主演のドラマ「私の期限は49日(サーシックイル)」の撮影に使われたファニチャ―&カフェ。店内の家具はヨーロッパなどから買い付けたビンテージもので、全て購入可能だそう。

ヌブティス(旧ANDO) 詳しく見る
カフェ日常(イルサン)(地図番号:緑11)
閑静な城北洞の雰囲気にぴったりの、静かな自家焙煎コーヒー店。散策途中に香り高いコーヒーとともに一休みはいかが?

カフェ日常(イルサン) 詳しく見る
SLOW GARDEN(スローガーデン)(地図番号:緑12)
アイスクリームとホイップがたっぷりのったボリューム満点のワッフルが人気のカフェ。ビンテージ風のナチュラルな雰囲気のインテリアも魅力。

SLOW GARDEN(スローガーデン) 詳しく見る
壽硯山房(スヨンサンバン)(地図番号:緑13)
近代小説家、李泰俊(イ・テジュン)の旧家がそのままお店になった伝統茶店。長い時を経た韓屋の美しさに包まれて静かな午後のひとときを。

壽硯山房(スヨンサンバン) 詳しく見る
買う
住宅街としての面が強い城北洞は、ショッピングを楽しめるお店は多くありません。しかし、小規模店舗でも店主のこだわりが生きる個性的なショップを見つけました!
効斎(ヒョジェ)(地図番号:赤1)
韓国のマーサ・スチュワートと呼ばれる韓服デザイナーイ・ヒョジェのショップ。店内には素朴な美しさが際立つ生活雑貨が色々。ペ・ヨンジュンが著書「韓国の美をたどる旅」でキムチ作りを習ったのはこのイ・ヒョジェ。

効斎(ヒョジェ) 詳しく見る
Circus(サーカス)(地図番号:赤2)
通りに面した半地下のお店。独特の雰囲気の店内ではスペインやイギリスなどヨーロッパで買い付けた服やファッション小物を販売。オーナーが制作した洋服もあり。

Circus(サーカス) 詳しく見る
ひと味違うソウルの魅力に出会える、城北洞ウォーキング
閑静な住宅街でありながら、史跡や美術館といった観光スポットが点在し、散策にぴったりの城北洞。観光途中には地元の人気食堂で食事をとったり、お洒落なカフェで一服したりと、グルメスポットにも困らないのが魅力です。

観光バスやタクシーでは味わえない、普段着の素朴なソウルの姿を満喫するには、断然ウォーキング(徒歩)がおすすめ。駅から伸びる城北洞キルをひたすら北上していくと、緑豊かな伝統施設三清閣(サムチョンガク)にもたどり着けます。自分だけの散策ルートを見つけて、気ままにお散歩を楽しんでみてください!
その他の特集記事 もっと見る
掲載日:10.10.13   最終更新日:12.05.24
※内容は予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
お店・スポット検索
カテゴリ
エリア
検索
韓国エリア 特集記事
ソウルおすすめエリア(69)
釜山おすすめエリア(10)
地方おすすめエリア(30)
街歩きシリーズ(19)
その他の特集記事リスト  
韓国地下鉄路線図
  ソウル
釜山
大邱
大田
光州
韓国地下鉄路線図
印刷用PDFファイル 印刷用PDFファイル
韓国旅行「コネスト」
COPYRIGHT ⓒ 2016 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
もっと見る(1)
【注目の記事】
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]